死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
306
ISBN:
9784048935258

死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録

  • 著者 古宮 九時
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
306
ISBN:
9784048935258

衝撃&感動のラスト! 二度読み必至の“幻影”ストーリー!

 平凡な僕が唯一他の人と違うこと。それは人の死を予告する幻影を見る力があることだ。僕が幻影――【彼ら】について知っていることは3つ。
1、【彼ら】はやがて訪れる自らの死の瞬間を、何度も繰り返し続けている。
2、【彼ら】の姿が濃くなるほど、死の瞬間は近い。
3、【彼ら】は死の運命から絶対に逃れられない。
 ――これは全てを諦めていた『僕』が、死の未来を背負う『君』と出会い、運命に抗うため奔走する物語だ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人の死を予告する幻影を見る力を持つ「僕」が、1人の女性と出会い彼女と共に死の運命に抗う為奔走する物語。もうすぐ死ぬ人が見えてしまう、それはどんなに苦しい事なんだろう。そしてその中で「僕」が鈴さんと出会 人の死を予告する幻影を見る力を持つ「僕」が、1人の女性と出会い彼女と共に死の運命に抗う為奔走する物語。もうすぐ死ぬ人が見えてしまう、それはどんなに苦しい事なんだろう。そしてその中で「僕」が鈴さんと出会えたのはどれだけ幸運で素敵な事なんだろう。良いなぁ、こういう作品。人の死という重たいテーマを鈴さんの優しさや温もりがいい具合に柔らかくしてくれてる。こんなの読まされたら涙腺が緩むのも仕方がないよなぁ。トリックの方も見事で、これにも完全にしてやられました。結末も含め、とっても自分好みな素晴らしい1冊でした。 …続きを読む
    まりも
    2017年12月16日
    52人がナイス!しています
  • 辛口失礼。文章が読みにくいのと、さほど読み進めないうちにトリックもわかってしまう。心理描写も書き込み不足のように思える。感情移入できるポイントもなかった。残念。 辛口失礼。文章が読みにくいのと、さほど読み進めないうちにトリックもわかってしまう。心理描写も書き込み不足のように思える。感情移入できるポイントもなかった。残念。
    佐島楓@勉強中
    2017年12月11日
    46人がナイス!しています
  • これから死ぬ人間が見える僕と、少し変わった大学生の女の子の話。ミステリーかな。予想外のラストで、すごく面白かった。もし、これから死ぬ人間が見えたら、私は助けようとするだろうか。自分が傷つくことが嫌で、 これから死ぬ人間が見える僕と、少し変わった大学生の女の子の話。ミステリーかな。予想外のラストで、すごく面白かった。もし、これから死ぬ人間が見えたら、私は助けようとするだろうか。自分が傷つくことが嫌で、何もできない気がする。そういう意味で、主人公は強いなぁと思った。 …続きを読む
    美葉
    2018年11月09日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品