後宮の検屍女官

第6回角川文庫キャラクター小説大賞〈大賞〉〈読者賞〉ダブル受賞作

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041112403

第6回角川文庫キャラクター小説大賞〈大賞〉〈読者賞〉ダブル受賞作

後宮の検屍女官

  • 著者 小野はるか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041112403

後宮にうずまく疑惑と謎を検屍術で解き明かす、中華後宮検屍ミステリ!

「死王が生まれた」大光帝国の後宮は大騒ぎになっていた。
謀殺されたと噂される妃嬪の棺の中で赤子の遺体が見つかったのだ。
皇后の命を受け、騒動の沈静化に乗り出した美貌の宦官・延明(えんめい)の目にとまったのは、
幽鬼騒ぎにも動じずに居眠りしてばかりの侍女・桃花(とうか)。
花のように愛らしい顔立ちでありながら、出世や野心とは無縁のぐうたら女官。
多くの女官を籠絡してきた延明にもなびきそうにない。
そんな桃花が唯一覚醒するのは、遺体を前にしたとき。彼女には、検屍術の心得があるのだ――。
後宮にうずまく数々の疑惑と謎を検屍術で解き明かす、中華後宮検屍ミステリ!

後宮×検屍 大本命の中華ミステリ!

主な登場人物

孫 延明(そん えんめい)

皇后に仕える美貌の宦官。妖艶な微笑みで女官たちを魅了する

姫 桃花(き とうか)

皇帝の寵妃・梅婕妤の侍女。寝てばかりで出世欲や野心がないが、検屍となると覚醒する

刊行記念著者インタビューはこちら(カドブン)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「後宮の検屍女官」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊。角川文庫キャラクター小説大賞大賞&読者賞ダブル受賞作。後宮モノで検屍官とは新しい!面白く読み切りました。普段はぐうたらで出世欲ゼロの侍女・桃花、冤罪により心に闇を持つ美貌の宦官・延明。この構図は 新刊。角川文庫キャラクター小説大賞大賞&読者賞ダブル受賞作。後宮モノで検屍官とは新しい!面白く読み切りました。普段はぐうたらで出世欲ゼロの侍女・桃花、冤罪により心に闇を持つ美貌の宦官・延明。この構図はやはりどうしても薬屋を彷彿とさせられてしまいますが、それ抜きにしても普通に続編を読みたいと思いました。検屍女官なので、うわああそこまで書いちゃう!?とゾワッとする描写もあるのですが、芯があり力強い桃花の姿勢に惹きつけられてしまいます。延明の恋の行方も気になる。桃花がデレる日は…来るのか?笑 あと点青も気になる …続きを読む
    あっか
    2021年05月12日
    77人がナイス!しています
  • 後宮、帝からの寵愛争いの中にあって『幽鬼騒動』勃発。調査に駆り出された美貌で訳ありの宦官と、帝からの寵愛を独り占めする妃嬪に仕えるぐうたら侍女がおりなす検屍ミステリー。現在の検屍とは異なる道具を使う検 後宮、帝からの寵愛争いの中にあって『幽鬼騒動』勃発。調査に駆り出された美貌で訳ありの宦官と、帝からの寵愛を独り占めする妃嬪に仕えるぐうたら侍女がおりなす検屍ミステリー。現在の検屍とは異なる道具を使う検屍場面と、色恋に全く無頓着なヒロインとの思いの行き違いがとっても面白い。欲を言えば、もう少し大奥の様なドロドロ感があって欲しかったかな。 …続きを読む
    ゆのん
    2021年05月03日
    73人がナイス!しています
  • 第6回角川文庫キャラクター小説大賞の大賞と読者賞 ダブル受賞作。後宮ものラノベと気楽に読み始めたら、とんでもなく面白い。死因を明らかにし、死に至る過程、動機とともに人間関係をあぶり出す。『法医学教室の 第6回角川文庫キャラクター小説大賞の大賞と読者賞 ダブル受賞作。後宮ものラノベと気楽に読み始めたら、とんでもなく面白い。死因を明らかにし、死に至る過程、動機とともに人間関係をあぶり出す。『法医学教室の事件ファイル』『監察医 朝顔』などの法医学ドラマでなじみ深いし、中国の歴史ものを読むのは久しぶりで楽しめた。検屍術とは、「遺体にのこる事実をつまびらかにし、冤罪をなくす術」。 信念を持って、毅然とした態度で検屍に臨む桃花が格好いいです。ふだんの寝ぼけた ぐうたら女官とのギャップも好ポイント。 …続きを読む
    kei302
    2021年04月23日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品