欲望会議 性とポリコレの哲学

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044006525

欲望会議 性とポリコレの哲学

  • 著者 千葉 雅也
  • 著者 二村 ヒトシ
  • 著者 柴田 英里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044006525

哲学者・千葉雅也×AV監督・二村ヒトシ×現代美術家・柴田英里

エロ、暴力、心の傷、ホラー、ゾーニング、変態、炎上、#MeToo、身体、無意識……
「欲望」をテーマにこの世界を読み解けば、未来の絶望と希望が見えてくる――。

「現代人は、かつての、つまり二〇世紀までの人間から、何か深いレベルでの変化を遂げつつあるのではないか、というのが本書の仮説なのです。」―「序」より

【目次】

第1章 傷つきという快楽
第2章 あらゆる人間は変態である
第3章 普通のセックスって何ですか?
第4章 失われた身体を求めて
終 章 魂の強さということ
文庫判増補

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「欲望会議 性とポリコレの哲学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 単行本からちょうど3年、増補版文庫が出たので即買い。 久々に御三方の鼎談を読めてとても面白かった。マーカー引きまくった。 単行本からちょうど3年、増補版文庫が出たので即買い。 久々に御三方の鼎談を読めてとても面白かった。マーカー引きまくった。
    まさひろ
    2021年12月22日
    20人がナイス!しています
  • 議論を読んでいて、教育現場のいじめの問題に通じる所があると感じた。いわゆるポリコレは本来様々な考え方がそれぞれに尊重されてよいはずなのに、誰もが傷つかないように当たり障りのないようなことを「是」として 議論を読んでいて、教育現場のいじめの問題に通じる所があると感じた。いわゆるポリコレは本来様々な考え方がそれぞれに尊重されてよいはずなのに、誰もが傷つかないように当たり障りのないようなことを「是」としているのではないか。自分たちにとって不都合であったり、不快なものであったりしても、その意見を発信する権利は保証されなければいけない。いじめ問題もやられた側がそう感じればいじめ、という今の風潮はバランスを欠くような感じがしてしまう。多様性を重んじ、社会の中で表象的なところではなく、もっと内面をえぐっていく努力を。 …続きを読む
    totuboy
    2021年12月28日
    1人がナイス!しています
  • 増補分のみ読了 増補分のみ読了
    hinapupil
    2022年01月16日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品