異修羅V 潜在異形種 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年09月17日
商品形態:
電子書籍

異修羅V 潜在異形種

  • 著者 珪素
  • イラスト クレタ
発売日:
2021年09月17日
商品形態:
電子書籍

全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。究極のバトル群像劇、第5弾!

 あらゆる思惑が交錯し、儚い結末となった第五試合。
 次なる第六試合は、窮知の箱のメステルエクシル及び奈落の巣網のゼルジルガ。
 彼方の兵器を駆使するだけでなく、無限に再生し蘇るたびに己の死因を克服する最強のゴーレム。
 誰も全貌を掴めぬ伝説の諜報ギルド“黒曜の瞳”の面々と上覧開始前から謀略の糸を張り巡らす道化師。
 無限の破壊と無数の謀略、果たして勝つのは――。
 そして、世界に潜在していた異形が姿を現すとき、修羅たちの戦いはさらなる混沌に包まれてゆく。
 全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。

メディアミックス情報

NEWS

「異修羅V 潜在異形種」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 英雄達による最強決定トーナメント!今巻は第6、第7、第8試合を収録。ゴーレム対トカゲ、巨人対骸骨、ゴブリン対鬼。ビジュアル的に地味なやつらによる試合が続いたが、この作品の面白いところが存分に発揮された 英雄達による最強決定トーナメント!今巻は第6、第7、第8試合を収録。ゴーレム対トカゲ、巨人対骸骨、ゴブリン対鬼。ビジュアル的に地味なやつらによる試合が続いたが、この作品の面白いところが存分に発揮された読み応えある巻だった。強いやつが勝つとは限らないという意外性ある試合展開が良かった。また各陣営が試合の裏で繰り広げる謀略の数々も物語に深みを与えている。勝つことだけが重要なわけではなくて、負けても生き残れるように策を巡らせる、負けて死んだとしても何かを残す。そういうタフさを学べた気がする。 …続きを読む
    ハイちん
    2021年09月17日
    5人がナイス!しています
  • 第一試合は全て終了。メステルエクシルはかなり好きなので一瞬で洗脳されて退場は悲しい。ゼルジルガがその分良いキャラだったが。メレVSシャルクはあまりにスケールが違いすぎて勝負にならなそうな印象なのに、こ 第一試合は全て終了。メステルエクシルはかなり好きなので一瞬で洗脳されて退場は悲しい。ゼルジルガがその分良いキャラだったが。メレVSシャルクはあまりにスケールが違いすぎて勝負にならなそうな印象なのに、ここまで熱いバトルにしてしまうとは。かなりの割合で盤外戦術が炸裂している中で真っ当なタイマンなので最高。そして勇者の正体がまさかの不言のウハクとはね。詞術が使えない=哲学的ゾンビという前提で魔王の強さの唯一の源が理不尽なまでの「恐怖」である以上、「ウハクに魔王の力は効かない」ってするのSF的思考が上手すぎる。 …続きを読む
    無重力蜜柑
    2021年09月24日
    3人がナイス!しています
  • 作品の根幹である本物の勇者の正体がついに明かされる巻。勇気がある者では絶対に魔王は倒せない、勇気あるものという勇者の定義に一切当てまはらないからこそ本物の勇者足り得たという展開は面白い。それはそうと、 作品の根幹である本物の勇者の正体がついに明かされる巻。勇気がある者では絶対に魔王は倒せない、勇気あるものという勇者の定義に一切当てまはらないからこそ本物の勇者足り得たという展開は面白い。それはそうと、彼が本物の勇者であることが今後どれくらい話を面白くしてくれるのか疑問なのと、また、5巻にもなるともともとの情勢の複雑さによるわかりづらさが極まってきたこと、また、無敵無双の強者同士のぶつかり合いという凄みが薄れてこじんまりしてきたなというのが正直な感想。 …続きを読む
    サンライズ
    2021年09月26日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品