死の森の魔女は愛を知らない

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040739885

関連作品有り

死の森の魔女は愛を知らない

  • 著者 浅名 ゆうな
  • イラスト あき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040739885

悪名高き「死の森の魔女」。彼女は誰も愛さない。

欲深で冷酷と噂の「死の森の魔女」。正体は祖母の後を継いだ年若き魔女のリコリスだ。ある日森で暮らす彼女のもとに、毒薬を求めて王兄がやってくる。断った彼女だけれど王兄はリコリスを気に入って……?

メディアミックス情報

NEWS

「死の森の魔女は愛を知らない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 偏屈で凄腕と言われている「『死の森』の魔女」の正体は、亡き祖母のふりをしている若き魔女リコリスだった。ある日毒薬を求める王兄が訪ねてきて。お人好しで、苦しむ人をほっとけなくてつい助けてしまうリコリスに 偏屈で凄腕と言われている「『死の森』の魔女」の正体は、亡き祖母のふりをしている若き魔女リコリスだった。ある日毒薬を求める王兄が訪ねてきて。お人好しで、苦しむ人をほっとけなくてつい助けてしまうリコリスに好感が持てた。それにしてもリコリスの周りの男性陣がみな危うい感じ(笑)王兄や使い魔は裏の顔を持っているし、レナルドはかなりヤバいやつ。これらの関係がどうなっていくのか。この巻はどちらかと言うと登場人物紹介といった感じだったので続くのかな?あきさんの表紙がリコリスのイメージぴったりで素敵。挿し絵欲しいなあ。 …続きを読む
    ラナンキュラス
    2021年02月23日
    52人がナイス!しています
  • 偉大な魔女だった祖母の後を継ぎ、使い魔と森で暮らす「死の森の魔女」リコリス。毒薬を求めて彼女のもとにやってきた王兄ゼルクトラの依頼を断るものの、それを機に生活が一変してゆく物語。たびたび訪れてきて、使 偉大な魔女だった祖母の後を継ぎ、使い魔と森で暮らす「死の森の魔女」リコリス。毒薬を求めて彼女のもとにやってきた王兄ゼルクトラの依頼を断るものの、それを機に生活が一変してゆく物語。たびたび訪れてきて、使い魔とも仲良くなってしまったゼルクトラ。リコリスを呼び出した複雑な想いを抱く王と王太后の依頼。そして苦い初恋相手との再会。放っておけなくて首を突っ込む事件も印象深かったんですが、それ以上にゼルクトラや使い魔、そしてめちゃくちゃ歪んでますが初恋相手にもリコリスは愛されてますね…喜んでいいのかはあれですが(苦笑) …続きを読む
    よっち
    2021年04月16日
    48人がナイス!しています
  • 悪い魔女であろうとする善き魔女の物語。「死の森の魔女」の祖母の後を継いだ引き篭もり魔女・リコリス。毒薬を求め彼女の元に、王兄・ゼルクトラが訪ねてきます。彼女の変化のない平凡な日常はその出会いにより、脅 悪い魔女であろうとする善き魔女の物語。「死の森の魔女」の祖母の後を継いだ引き篭もり魔女・リコリス。毒薬を求め彼女の元に、王兄・ゼルクトラが訪ねてきます。彼女の変化のない平凡な日常はその出会いにより、脅かされますが、段々と表舞台へと引き摺り出される彼女と周囲の応酬が面白かったです。とても読みやすく、章毎に周囲から何かしら手助けを依頼される構図ですが、毎回違う印象で、飽きませんでした。ゼルクトラと初恋の相手・レナルドはどっちもどっちな気がしますが、これは先の展開が気になります。続刊が出るといいな… …続きを読む
    ひぬ
    2021年04月29日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品