声の在りか

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041110775

声の在りか

  • 著者 寺地 はるな
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041110775

魔法みたいに強い言葉はいらない。わたしの“声”を取り戻したい。

日常に息苦しさを感じるあなたへ贈る物語。

「こんなところにいたくない」パート帰りの希和が見つけたのは、小学四年生の息子・晴基とそっくりの筆跡で書かれた切実なメッセージだった。本人に真意を問いただすことも夫に相談することもできない希和は、晴基が勝手に出入りする民間学童『アフタースクール鐘』で働きはじめる。マイペースな経営者・要や子どもたちに振り回されながらも、希和はいつの間にか自分の考えを持たない人間になってしまっていたことに気付く。周囲から求められるものでも、誰かからの受け売りでもない、自分自身の言葉を取り戻すためにひとりの女性が奮闘する、大人の成長小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「声の在りか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私はいつから声を出す事を諦めてしまったんだろう。目に見えない世間、表面だけを取り繕った集団に恐れをなし、言いたい事、伝えたい想いを何度も飲み込み、それが正解だと自分自身に言い聞かせて来た。主人公・希和 私はいつから声を出す事を諦めてしまったんだろう。目に見えない世間、表面だけを取り繕った集団に恐れをなし、言いたい事、伝えたい想いを何度も飲み込み、それが正解だと自分自身に言い聞かせて来た。主人公・希和の生き辛さが自分と重なり気が付いたら泣いていた。明らかに間違っている事に対して、それはおかしいと言えない自分に苛立つ。勇気のなさだったり、事を荒立てたくないという思いだったり言い訳ばかり。私も私の声を取り戻したい。自分の気持ちに正直に生きて行きたい。希和のささやかな勇気が自分の心に同化し、沁みこみ希望となる。 …続きを読む
    よつば
    2021年04月27日
    100人がナイス!しています
  • 寺地さんは日常生活を描くのがとても上手い。小4の男の子を育てながらパートに出ている希和。旦那さんや子供の事、ママ友の事、普通の日常だから『そうそう』『あー私もやったなぁ』と共感しまくり。みんなちょっと 寺地さんは日常生活を描くのがとても上手い。小4の男の子を育てながらパートに出ている希和。旦那さんや子供の事、ママ友の事、普通の日常だから『そうそう』『あー私もやったなぁ』と共感しまくり。みんなちょっとだけ良く見られたいし嫌われたくない。もめるのが嫌で我慢してストレスを溜めてゆく。ホントの自分と理想の自分とのギャップ。希和が自分の声を取り戻して少しずつ変わってゆく。それは寺地さんが『あなたもまだ変わっていけるよ』と私の背中をそっと押してくれている気がした。★5 …続きを読む
    きむこ
    2021年04月19日
    82人がナイス!しています
  • これは全部わたしだ。愛するが故の深い戸惑いも、一人でいることより独りでいるということを見られることへの不安も、悪意のない鈍感も、不必要な繊細さも、理不尽な群れで同調し笑顔の奥で荒む心も。そして、飲み込 これは全部わたしだ。愛するが故の深い戸惑いも、一人でいることより独りでいるということを見られることへの不安も、悪意のない鈍感も、不必要な繊細さも、理不尽な群れで同調し笑顔の奥で荒む心も。そして、飲み込んでしまった声の罪も…登場人物ひとりひとりが皆、わたしだった。多数決による常識、固定観念「こうしなきゃいけない」がこの世の中には多すぎる。目を逸らし、誤魔化してきた今日までの消えてしまった自分の声を、この小説を読んだことで取り戻したくなった。誰かを気にするより自分がどうしたいか、その気持ちこそ大切だと気付く。 …続きを読む
    えみ
    2021年04月19日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品