世界を超えて私はあなたに会いに行く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041110263

世界を超えて私はあなたに会いに行く

  • 著 イ・コンニム
  • 訳 矢島 暁子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041110263

号泣度100%!ドラマ&映画化決定!第8回文学トンネ青少年文学賞大賞!

号泣度100%!!
【韓国で10万部突破】【ドラマ&映画化決定!】

2016年を生きる母のいない少女ウニュのもとに、1982年を生きる別の少女ウニュから手紙が届く。その手紙には母を探しだしてくれるとあるが…。失った家族を取り戻すタイムリープ物語。

●あらすじ
【第8回文学トンネ青少年文学賞大賞作品】
2016年を生きる15歳のウニュは、自分に無関心な父と会話のない2人暮らし。生まれたときから母はおらず、どうしていないのかも父は教えてくれない。ある日、同じ名前の少女ウニュから手紙が届く。そのウニュは1982年に生きていると言う。最初はいたずらかと怒るウニュだったが、「幸運のコイン」をきっかけに、この不思議な手紙を信じるようになる。過去のウニュは、未来のウニュのために母を探しだし、なぜいなくなったのか調べてくれると言うが…。韓国で10万人が泣いた、失った家族を取り戻すタイムリープ物語。

この本に関わった人みんなが泣いた感動作!(翻訳者、編集者、画家、デザイナー)

●過去のウニュから未来のウニュへの手紙より
 あのね。あなたのお母さんは生きてるんじゃないかな? とにかく、私たちに想像もつかない何かが、どうしても知られたくない秘密があるのは間違いないと思う。
 こうして違う世界に暮らしてる私たちが手紙をやり取りするってことは、私たちに特別な何かがあるってことかもしれないでしょ。だから、私がちょっとあなたの手助けをしてあげるっていうのはどう?
 過去の中のあなたの両親を探して、あなたのお母さんの秘密を明らかにするの。あなたは私の未来に力を貸して。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

1 私へ
2 へんな(「へんな」に取り消し線)お姉さんへ
3 小学生のガキへ
4 もう一度小学生へ
5 お姉さんへ
6 過去に暮らしてる子へ
7 もう一度、過去に暮らしてる子へ
8 私を苦しめるお姉さんへ
9 幸運をつかんだあなたへ
10 信じられないところにいるお姉さんへ
11 とてつもないことを経験しているあなたへ
12 未来の子へ
13 恥ずかしがっている友へ
14 すごいことをしてくれようとしている妹へ
15 過去のあなたへ
16 ウニュへ
17 過去へ
18 未来のウニュへ
19 同じ名前の「お姉さん」へ
20 苦痛と試練をくれたウニュへ
21 本当に本当にごめんなさい、お姉さんへ
22 固く信じる妹へ
23 楽しい一日を過ごしてるお姉さんへ
24 未来の妹へ
25 ありがたいお姉さんへ
26 よくやっている妹へ
27 過去のお姉さんへ
28 かわいそうな妹へ
29 一〇〇パーセント信じてるお姉さんへ
30 私を心配してくれるありがたい妹へ
31 再び未来の妹へ
32 幸せそうなお姉さんへ
33 ウニュへ
34 かわいいウニュへ
35 おばさんじゃなくてお姉さんへ
36 今でも私の妹のウニュへ
37 返信を待ちきれないでいるお姉さんへ
38 未来の妹へ
39 お姉さんへ
40 娘へ
41 送れなかった手紙 ウニュへ
作者の手紙
訳者あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「世界を超えて私はあなたに会いに行く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 時空を超えてあなたに会いに行きます...2016年、15歳のウニュはゆっくり届く郵便ポストに1年後の自分に対して手紙を書いたら何故か1982年の同じ名前のウニュに届く。最初はお互いいたずらだと思って信 時空を超えてあなたに会いに行きます...2016年、15歳のウニュはゆっくり届く郵便ポストに1年後の自分に対して手紙を書いたら何故か1982年の同じ名前のウニュに届く。最初はお互いいたずらだと思って信じられなかったが、この奇跡を信じて文通を始める。不定期に届く手紙はやがて15歳のウニュよりも過去のウニュの方が年齢が上になっていた。お互いの悩みや秘密を打ち明け、現代のウニュの母親捜索作戦を過去のウニュが始める。ラストは想像がつく結末でわかっていても涙が零れ落ちた。何て素敵な偶然だったのだろう。 …続きを読む
    キンモクセイ
    2021年12月26日
    55人がナイス!しています
  • 母親を知らず自分に無関心な父を持つ2016年に住む15歳のウニュは、1982年に住む同じ名前の少女と手紙のやり取りを始めます。二人のやり取りには思わず笑ってしまう場面も。その中で過去のウニュは未来のウ 母親を知らず自分に無関心な父を持つ2016年に住む15歳のウニュは、1982年に住む同じ名前の少女と手紙のやり取りを始めます。二人のやり取りには思わず笑ってしまう場面も。その中で過去のウニュは未来のウニュの為に母親を探し始めるのですが、未来のウニュが封印していた痛みを爆発させる姿、過去のウニュが優秀な姉の影で悩んでいた様子などを通じ「家族」について描かれ、同じような悩みを持つ子供達に少しでも何かを感じ取って欲しいとの願いを感じます。なお、母親の謎については予想通りでしたが、それでも泣けてしまった(T_T) …続きを読む
    しゃお
    2021年11月10日
    34人がナイス!しています
  • “韓国で10万人が泣いた”“号泣度100%”とやたら泣くことが強調されている煽り文句の如く、いかにも韓国人が喜びそうなストーリー。最近は家族といっても心温まる結束の強い存在ではなく、むしろ枷のように感 “韓国で10万人が泣いた”“号泣度100%”とやたら泣くことが強調されている煽り文句の如く、いかにも韓国人が喜びそうなストーリー。最近は家族といっても心温まる結束の強い存在ではなく、むしろ枷のように感じている作品や愛憎ドロドロのドラマも散見される。しかしこのような作品が好まれる所を見ると、やはり基本的には韓国人は家族の絆を最上位に置くようだ。 …続きを読む
    星落秋風五丈原
    2021年11月27日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品