エリザベス女王の事件簿 ウィンザー城の殺人

エリザベス女王の事件簿 ウィンザー城の殺人 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

エリザベス女王の事件簿 ウィンザー城の殺人

  • 著 S・J・ベネット
  • 訳 芹澤 恵
発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

容疑者50名!90歳の女王が難事件に挑む!英国10万部、18カ国で翻訳

容疑者は50名!90歳の英国女王、奇怪なピアニスト殺人事件に挑む!
英国で10万部突破、18カ国で翻訳

ウィンザー城で若い男の遺体がクロゼットから発見される。晩餐会に呼ばれたロシア人ピアニストで、遺体はあられもない姿だった。事件について城では箝口令が敷かれ、警察とMI5はロシアのスパイによるものと見なし捜査するが、容疑者が50名もいて難航する。でも大丈夫。城には秘密の名探偵がいるのだ。その名もエリザベス2世。御年90歳。世界最高齢の女王が華麗に事件を解決する!英国で10万部突破、18カ国で翻訳。解説・大矢博子

【絶賛の声】
今年出版された犯罪小説の中で、もっとも愛らしい作品。『ザ・クラウン』と『ミス・マープル』を掛け合わせたら、この魅力的なホワイダニットにしあがるだろう(ルース・ウェア)

優しく愉快で、控えめながら説得力があり、全くもって魅力的。英国王室の神秘性に探知性を加えている(アマンダ・クレイグ)

抜け目なく賢明で好奇心旺盛な女王陛下の姿である(ガーディアン紙)

本物のディテールが満載で、ストーリーはスマートかつねじれていて、そして全体が素晴らしく、奇妙なほど説得力がある。絶対的な完成度(イザベル・ブルーム)

プロットはよく考え抜かれ、見事に観察されている。今年読んだミステリーの中で最高の一冊だ(フレッシュフィクション)

この本のすべてを愛している…。女王陛下が王冠の下に他の事件も隠し持っていますように。『木曜殺人クラブ』は面白かった。『ウィンザー城の殺人』はもっと面白い(TheBookbag.co.jp)

エリザベス2世を探偵役とする楽しいシリーズ。ベネットが描く、温厚で賢く、機知に富んだ女王とその王室生活は魅力的だ(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「エリザベス女王の事件簿 ウィンザー城の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ウィンザー城で女王主催の晩餐会の翌日、ロシア人ピアニストが遺体で発見された。容疑者は城内にいた50人!捜査は難航し、女王自ら捜査…とは立場上難しい。秘書官補ロージーが女王の命で調査し、女王は安楽椅子探 ウィンザー城で女王主催の晩餐会の翌日、ロシア人ピアニストが遺体で発見された。容疑者は城内にいた50人!捜査は難航し、女王自ら捜査…とは立場上難しい。秘書官補ロージーが女王の命で調査し、女王は安楽椅子探偵に。絶対的権力を有しながらも、女王だからこそ出来ない事もあるわけだ。ロイヤルファミリーといえば日本ではダイアナ旋風が巻き起こり、スキャンダルを耳にする事が多いが、本作を読むと単純な私は女王に親近感が湧き、好感度が急上昇してしまった。現女王を探偵に据えたミステリが刊行されるのも驚き。 …続きを読む
    ゆのん
    2022年08月10日
    62人がナイス!しています
  • ウィンザー城で行われた晩餐会の次の日、ロシア人ピアニストがクローゼットで死んでいるのが見つかったところから物語が始まります。自殺のように見せかけられていましたが、明らかに他殺でした。世間には心臓麻痺と ウィンザー城で行われた晩餐会の次の日、ロシア人ピアニストがクローゼットで死んでいるのが見つかったところから物語が始まります。自殺のように見せかけられていましたが、明らかに他殺でした。世間には心臓麻痺という発表をし、警察とMI5は調査を秘密裏に始めたのです。女王陛下はこの事件にとても興味を持っていらっしゃいました。MI5の報告を聞いていても、どうも腑に落ちないことばかりで、これは自ら調べてみるしかないと思われたのでしょう。秘書官補のロージーに様々な指示を与え、調査が開始されたのです。#NetGalleyJP …続きを読む
    Roko
    2022年07月26日
    33人がナイス!しています
  • ウィンザー城でロシア人ピアニストが殺害される。犯人は?動機は?捜査が進まない中、なんとエリザベス2世が事件解決に(こっそり)乗り出す!女王故に当然自由に出歩けるわけもなくアシスタントとして新米の秘書官 ウィンザー城でロシア人ピアニストが殺害される。犯人は?動機は?捜査が進まない中、なんとエリザベス2世が事件解決に(こっそり)乗り出す!女王故に当然自由に出歩けるわけもなくアシスタントとして新米の秘書官補が情報取集に当たります。犯人捜しだけではなく、リオ五輪の少し前、現実の出来事や国際関係も話に織り交ぜてあり、そういったところもなかなか面白いです。私はむしろこちらを楽しみました(笑)#エリザベス女王の事件簿ウィンザー城の殺人 #NetGalleyJP …続きを読む
    kei
    2022年07月01日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品