東京をんな語り 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

東京をんな語り

  • 著者 川奈 まり子
発売日:
2021年02月25日
商品形態:
電子書籍

東京の女たちが、私に憑依する――

青山霊園で白い彼岸花を見た奇譚蒐集家の私は、その暗示的な花言葉を引きずるようにして谷中に向かう。「乗せた女性が忽然と消えた話」で有名な青山タクシー幽霊の足取りを辿るためだ。それを発端に、怪異の糸に導かれるように都内各所を巡回。行く先々で、夜嵐おきぬ、花井お梅、妲己お百ら、因縁の歴史を生きた女たちの魂と同一化していく……。生々しく語られる業深い話の数々。虚実が交錯する、書き下ろし幻想ルポ怪談!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「東京をんな語り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者の親族を巡る私小説と、明治三大毒婦「夜嵐おきぬ」「妲己のお百」「花井お梅」にそれぞれ著者が憑依したように一人称で語る顛末、そして江戸・東京と言う大都市を辿り歩きながら綴られる仄暗いツアーガイド。映 著者の親族を巡る私小説と、明治三大毒婦「夜嵐おきぬ」「妲己のお百」「花井お梅」にそれぞれ著者が憑依したように一人称で語る顛末、そして江戸・東京と言う大都市を辿り歩きながら綴られる仄暗いツアーガイド。映像作品のようにそれらが入れ代わり立ち代わり目前に現れる作品です。わたし的にはやはりいつも川奈さんのご家族周りを(多分勇気を振り絞って)描いた文章に圧倒されます。著者が今まで培った技量で新たな世界を切り開こうとしているのが伝わってくる本に仕上がっていると思います。 …続きを読む
    あたびー
    2021年03月01日
    26人がナイス!しています
  • ジェンダー視点で不穏な経験と現象の奥にある悲しみに焦点をあてた記録文学。歴史と実話怪談の融合というスタイルを続けてきた著者の怪異ルポルタージュにとって、本書はエポックな一冊だろう。著者の来し方・実話怪 ジェンダー視点で不穏な経験と現象の奥にある悲しみに焦点をあてた記録文学。歴史と実話怪談の融合というスタイルを続けてきた著者の怪異ルポルタージュにとって、本書はエポックな一冊だろう。著者の来し方・実話怪談・歴史の掘り起こし・実録体小説…の四部を一つに組み合わせた構成は、事実とされるものを揺るがしながら視野の外へと意識を向けさせる上で有効と感じた。これを定着させるのか、それともまだ変化を見せるのか、何にしろ著者の作品には注目したい。 …続きを読む
    qoop
    2021年02月27日
    6人がナイス!しています
  • 東京という土地を媒体とし、記憶を、歴史を、妄想を--そして生の世界と死の世界をそぞろ歩く。あちらこちらと魂を彷徨わせる著者のあやうい想像力を借り、時空を越える東京散歩をしてみれば、この街に重ねられてい 東京という土地を媒体とし、記憶を、歴史を、妄想を--そして生の世界と死の世界をそぞろ歩く。あちらこちらと魂を彷徨わせる著者のあやうい想像力を借り、時空を越える東京散歩をしてみれば、この街に重ねられている霊魂と想念のレイヤーが透けて見えてくる。そんな不思議な体験ができる本。 …続きを読む
    toriaez
    2021年02月28日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品