赤いパーカーの花子さんとカゲフミさま

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月10日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046801326

赤いパーカーの花子さんとカゲフミさま

  • 著者 高橋 佐理
  • イラスト むっしゅ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月10日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046801326

わたしの学校にいるトイレの花子さんは正義の味方みたいです

この学校にはちょっと変わった七不思議がある。
――夕暮れの通学路。カゲフミさまに影を踏まれたら、あなたはあなたでなくなる。もう二度と戻って来れない――。
カゲフミさまの噂だ。中学に入学したばかりの千明はこの怪談が嘘でないことを知っている。昨日までいじわるだったクラストメイトが、急に“人が変わった”ように親しくしゃべりかけてくるようになった。やりすぎなくらいに優しくなった。なにかがおかしい。同じ読書好きの瑞樹とオカルト好きのスバルふたりの男子とこの怪異について調べているうち出会ったのは、真っ赤なパーカーを着た女子生徒の幽霊だった。
「あたしがトイレの花子さん――よく来たわね」
千明たちは花子さんと協力してカゲフミさまと戦うことになり――?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「赤いパーカーの花子さんとカゲフミさま」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。 最初の千明にすごく共感してしまった。誘われたら断れないのすごく分かる。千明の内気な思考全く僕と一緒だなと感情移入しまくりでした。 花子さんは容赦ない物言なんですけど、その一つ一つが的 面白かったです。 最初の千明にすごく共感してしまった。誘われたら断れないのすごく分かる。千明の内気な思考全く僕と一緒だなと感情移入しまくりでした。 花子さんは容赦ない物言なんですけど、その一つ一つが的を得ているなと思いました。この現状を作り出したのは、何をされても教室の隅で黙って下を向き、何もしないという選択をしたあなたにも責任があるって所などすごく納得し、心に刺さりました。 原因を解決するためには千明の協力が必要なのだか、いじめっ子を助けるか、助けないかを迫られたここの千明の葛藤が良かったです。 …続きを読む
    ジャム
    2021年06月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品