家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041109434

家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像

  • 著者 インベ カヲリ★
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041109434

新幹線無差別殺傷事件。理解不能な動機、思考を浮き彫りにする驚愕のルポ!

国家に親代わりを求めた男。
法廷で無期懲役に万歳三唱をし、殺人犯なのに刑務所で生存権を主張し続ける犯人・小島一朗。
誰も踏み込まなかったその内面に、異端の写真家が迫る。全真相解明、驚愕の事件ルポ!

犯人はいったい何者なのか?
―――――
【新幹線無差別殺傷事件】
2018年6月9日、走行中の東海道新幹線の車内で男女3人が襲われ、2名が重軽傷、男性が死亡した。「刑務所に入りたい」という動機だったため、一審で無期懲役となった際に小島一朗は法廷で万歳三唱をした。控訴せず20年1月に刑が確定。小島は刑務所内で生存権を主張し続けている。
―――
2008年以降の無差別殺人事件の犯人は前科前歴なし、両親は揃っており、貧困家庭でもなく友人関係に問題もない、「普通」の者が多い。
だが、「死刑になるため」「刑務所に入るため」と彼らは犯行に及ぶ。
約3年にわたる取材で理解不能な動機、思考を浮き彫りにする驚愕のルポ!

【目次】
序章 鞘─―刑務所に入る夢を叶えた男 
第一章 心――写真家が人殺しに興味を持つ理由
第二章 偏―─歩み寄る難しさ
第三章 記―─「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」の真相
第四章 凶―─餓死することを止め、生きる選択をした
第五章 会―─アクリル板越しの作り笑顔
第六章 家―─浮かび上がるいい子
第七章 迷―─食い違う家族の言い分
第八章 裁―─真実が語られない虚無な裁判
第九章 答――刑務所でしか手に入らないもの─
第十章 辿―─犯行時のシミュレーションから感じること─
最終章 刑―─自傷行為を通して得られる愛

あとがき
主要参考文献一覧

もくじ

序章 鞘─―刑務所に入る夢を叶えた男 
指定席十二号車十八番D席/法廷で万歳三唱/刑務所に入るための無差別殺人
第一章 心――写真家が人殺しに興味を持つ理由
刑務所で生きることの意味/「語る言葉」をもつ人を撮る/無差別殺人犯の変化/家族関係の歪み/死んでなるものか
第二章 偏―─歩み寄る難しさ
「おい、はよ警察よべよ!」/古風な男/ヌード写真に激怒する/権利のための闘争/「私は人を殺して、心底よかったと思う」/小島との合意書/手記を送るためにハンガーストライキ
第三章 記―─「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」の真相
刑務所に入るのは子どもの頃からの夢である/雨の日の職務質問/警察からの暴行
第四章 凶―─餓死することを止め、生きる選択をした
キャッシュカード/裏寝覚で餓死を試みる/祖母と最後の電話/血で染められた新幹線/ナタを置く
第五章 会―─アクリル板越しの作り笑顔
待合室/笑顔の殺人犯/私は模範囚を目指している/「お前は岡崎の子だ。岡崎に帰れ」/保護室に隔離されたい/命が守られる場所
第六章 家―─浮かび上がるいい子
これは全然“どうでもいい話”じゃない/祖母に宛てた辞世の句/「いっちゃんと面会してくれてるの?」/俺は健常者じゃない/おばあちゃんの子どもになった小島/一貫して否定する祖母/小島の部屋に 入る/一宮の実家/「私からしたら悪魔ですよ」/共通点
第七章 迷―─食い違う家族の言い分
誰かが嘘をついている/小島の答えは初めからすべて決まっている/「私の方からいろいろと質問させていただきます」/小島から見た家族/刑務所に入る準備/素顔が見えるとき/「私は極めて普通の人間です」
第八章 裁―─真実が語られない虚無な裁判
「刑務所に入りたいと考えたのは、いつからですか?」/猜疑性パーソナリティ障害/家族は責任を押し付けあった/不気味な供述/被害者の叫び/「命が惜しくてたまりません」/最終陳述で小島は喋り続けた
第九章 答 ─刑務所でしか手に入らないもの─
動機/人は誰しも生存権を持つ/国家に家庭を求める/殺人犯と人権派の両立/彼女と獄中結婚
第十章 辿 ─犯行時のシミュレーションから感じること─
ラーメンを食べて殺人/事件の起きた「のぞみ二六五号」に乗る/マザーテレサと呼ばれた母/「正義感が強いから、ああなっちゃうんです」/混乱する母/世代を超えた母性の奪い合い/母と息子の共通点/一生入っているはずだった精神科病院
最終章 刑―─自傷行為を通して得られる愛
一方的な求愛/血まみれの切符/理想の家庭を手に入れる

あとがき
主要参考文献一覧
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • すごい読み応えだった。インベカヲリ☆が、とてつもない根気でやりとりを続けたからこそ知ることができた小島一朗のありようは、驚きに満ちているが、かろうじて掴めそうな地点にまでは到達していた。 すごい読み応えだった。インベカヲリ☆が、とてつもない根気でやりとりを続けたからこそ知ることができた小島一朗のありようは、驚きに満ちているが、かろうじて掴めそうな地点にまでは到達していた。
    JunTHR
    2021年10月08日
    1人がナイス!しています
  • 新幹線無差別殺人の犯人の心証に迫るルポ。身勝手な犯罪の動機には刑務所という国家機能に対して母としての庇護を求める、本人の中では完成しているとしても社会的には崩壊した理屈がインタビューと大量の手紙を通し 新幹線無差別殺人の犯人の心証に迫るルポ。身勝手な犯罪の動機には刑務所という国家機能に対して母としての庇護を求める、本人の中では完成しているとしても社会的には崩壊した理屈がインタビューと大量の手紙を通して暴かれる。疲弊する読了感。どっと疲れた。 …続きを読む
    はらへねこ
    2021年10月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品