この世の息 歌人・河野裕子論

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月14日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048843874

この世の息 歌人・河野裕子論

  • 著者 大森 静佳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月14日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048843874

没後十年、今も愛され続ける河野裕子が残した十五冊の歌集を読み解く論考

河野裕子のもとで歌を学んだ最後の歌人・大森静佳が、六十四年の生涯に残した河野の十五冊の歌集を丁寧に読み込み、自在に変化してゆく詠風と、変わらぬ歌への強い愛情、そして歌に懸けた強い意志に迫った論考集

もくじ

第一章『森のやうに獣のやうに』 
第二章『ひるがほ』『桜森』  
第三章『はやりを』『紅』 
第四章『歳月』『体力』『家』   
第五章『歩く』『日付のある歌』『季の栞』『庭』
第六章『母系』『葦舟』『蝉声』 
特別論考「この世のからだ」
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「この世の息 歌人・河野裕子論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 〈手をのべて/あなたとあなたに/触れたきに/息が足りない/この世の息が〉表題にもなっており、帯に印刷されたこの一首に惹かれて手に取った。生き急ぐような青春期の、激しい恋の歌のイメージで。本書を読んで、 〈手をのべて/あなたとあなたに/触れたきに/息が足りない/この世の息が〉表題にもなっており、帯に印刷されたこの一首に惹かれて手に取った。生き急ぐような青春期の、激しい恋の歌のイメージで。本書を読んで、そのイメージは裏切られる。これは絶詠の一首なのだった。私にはこれは恋の歌のように思えない。歌に魅入られた一人の歌人の、歌うことへの妄執を思う。死の床に伏して、詠むべきものが今も今も目の前に現れ続けているのに、それを詠むことができないという苦しさ。河野裕子の凄まじさに感電して、訳もわからずぼろぼろ泣いた。 …続きを読む
    ゆう
    2021年05月01日
    17人がナイス!しています
  • わかりやすいラベルを貼って満足することなく、歌集の一冊一冊、歌の一首一首をゆっくり地道に読んでいこう(あとがきより)と心がけて書いたという著者の河野裕子論は、さまざまな資料を参照して時代や短歌界との関 わかりやすいラベルを貼って満足することなく、歌集の一冊一冊、歌の一首一首をゆっくり地道に読んでいこう(あとがきより)と心がけて書いたという著者の河野裕子論は、さまざまな資料を参照して時代や短歌界との関わり、影響関係なども読み解いているのだが、後半に行くにつれ客観的分析とは言い切れない言葉が現れるのも興味深い。「好きな歌」「とてもいい」「心が波打つ」「驚く」「これ以上ない切なさ」等。これは河野裕子の歌の読者を巻き込む力の表れでもあり、河野のもとで短歌を学んだ最後の歌人だという著者の資質の表れでもあるだろう。 …続きを読む
    yumicomachi
    2021年03月02日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品