流浪地球

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年09月07日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784040659930

流浪地球

  • 著者 劉 慈欣
  • 訳者 大森 望
  • 訳者 古市 雅子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年09月07日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784040659930

中国大ヒット映画原作、『三体』著者によるSF短編集、待望の邦訳!

●ぼくが生まれた時、地球の自転はストップしていた。人類は太陽系で生き続けることはできない。唯一の道は、べつの星系に移住すること。連合政府は地球エンジンを構築し、地球を太陽系から脱出させる計画を立案、実行に移す。こうして、悠久の旅が始まった。それがどんな結末を迎えるのか、ぼくには知る由もなかった。「流浪地球」
●惑星探査に旅立った宇宙飛行士は先駆者と呼ばれた。帰還した先駆者が目にしたのは、死に絶えた地球と文明の消滅だった。「ミクロ紀元」
●世代宇宙船「呑食者」が、太陽系に迫っている。国連に現れた宇宙船の使者は、人類にこう告げた。「偉大なる呑食帝国は、地球を捕食する。この未来は不可避だ」。「呑食者」
●歴史上もっとも成功したコンピュータ・ウイルス「呪い」はバージョンを変え、進化を遂げた。酔っ払った作家がパラメータを書き換えた「呪い」は、またたく間に市民の運命を変えてしまう――。「呪い5・0」
●高層ビルの窓ガラス清掃員と、固体物理学の博士号を持ち、ナノミラーフィルムを独自開発した男。二人はともに「中国太陽プロジェクト」に従事するが。「中国の太陽」
●異星船の接近で突如隆起した海面、その高さ9100メートル。かつての登山家は、単身水の山に挑むことを決意。頂上で、異星船とコミュニケーションを始めるが。「山」

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

流浪地球
ミクロ紀元
呑食者
呪い5・0
中国太陽

訳者あとがき 大森望

メディアミックス情報

NEWS

「流浪地球」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「三体」を読んだ時にも感じたが、このスケール感は、中国だからなのだろうか。数億光年、数百億光年を安安と飛び越え、数千年、数万年があっという間に経過する。それでいて、「妖星ゴラス」のような地球移動や「ウ 「三体」を読んだ時にも感じたが、このスケール感は、中国だからなのだろうか。数億光年、数百億光年を安安と飛び越え、数千年、数万年があっという間に経過する。それでいて、「妖星ゴラス」のような地球移動や「ウルトラQ・1/8計画」のような人間縮小、等のアイデアには懐かしさすら覚えてしまう。「流浪地球」は、映画化されたものも見ていたが、この原作とは大きく違い、荒唐無稽になっていた。この原作は、詩的ですらある。また劉慈欣のイメージの飛躍に酔った短編集だった。#NetGalleyJP …続きを読む
    keroppi
    2022年08月05日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品