試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月11日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041108543

火喰鳥を、喰う

  • 著者 原 浩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月11日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041108543

全ては「死者の日記」から始まった。これは“怪異”か、或いは“事件”か。

選考委員、激賞!令和初の大賞受賞作!
「恐怖と謎がしっかりと絡んでいる。ミステリ&ホラー大賞にふさわしい」――有栖川有栖氏
「謎への引きこみ方が見事。読了後は心地よい酩酊感に襲われました」――辻村深月氏

信州で暮らす久喜雄司に起きた二つの出来事。ひとつは久喜家代々の墓石が、何者かによって破壊されたこと。もうひとつは、死者の日記が届いたことだった。久喜家に届けられた日記は、太平洋戦争末期に戦死した雄司の大伯父・久喜貞市の遺品で、そこには異様なほどの生への執着が記されていた。そして日記が届いた日を境に、久喜家の周辺では不可解な出来事が起こり始める。貞市と共に従軍し戦後復員した藤村の家の消失、日記を発見した新聞記者の狂乱、雄司の祖父・保の失踪。さらに日記には、誰も書いた覚えのない文章が出現していた。「ヒクイドリヲクウ ビミナリ」雄司は妻の夕里子とともに超常現象に造詣のある北斗総一郎に頼ることにするが……。 ミステリ&ホラーが見事に融合した新鋭、衝撃のデビュー作。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「火喰鳥を、喰う」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 毎年楽しみにしている横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作ということで読みました。雰囲気も内容も好い感じですが、怖さがあまりなく、過去の大賞受賞作と比べるとかなり物足りない。本賞は、レベルが高くないと受賞 毎年楽しみにしている横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作ということで読みました。雰囲気も内容も好い感じですが、怖さがあまりなく、過去の大賞受賞作と比べるとかなり物足りない。本賞は、レベルが高くないと受賞作なしが普通にあるので、複数の選考委員が主張しているとおり、今回は優秀賞どまりで大賞:受賞作なしで良かったのではないでしょうか? https://awards.kadobun.jp/yokomizo/winners/ …続きを読む
    starbro
    2021年01月25日
    237人がナイス!しています
  • 「お前の死は私の生なんだ」なんてこと…残酷な言葉だ。私はいったい何処へ?気になって先を急ぐ。すれ違い歪む時空。どちらが本当の世界?多分どちらも真実で、どちらもここには無いのだろう。何となくモヤモヤが残 「お前の死は私の生なんだ」なんてこと…残酷な言葉だ。私はいったい何処へ?気になって先を急ぐ。すれ違い歪む時空。どちらが本当の世界?多分どちらも真実で、どちらもここには無いのだろう。何となくモヤモヤが残るが再読の気力は無い(泣)火喰鳥が夢に出そうだ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年12月28日
    180人がナイス!しています
  • 怖かった…70年以上経って見つかったのは、南方で戦死した祖父の兄の日記。それは生への執着で埋め尽くされていた。期を同じくして先祖代々の墓からその大伯父の名前が削り取られる。不穏、不気味、謎が謎を呼ぶ。 怖かった…70年以上経って見つかったのは、南方で戦死した祖父の兄の日記。それは生への執着で埋め尽くされていた。期を同じくして先祖代々の墓からその大伯父の名前が削り取られる。不穏、不気味、謎が謎を呼ぶ。日を追うごとに侵食される現実、書き換えられる過去。え、もしかして彼、生き返ってる?となると、今自分が存在する現実はどうなるのか?からの。恐るべき真相。何度も繰り返されたふれーず「お前の死は私の生」はまさかのそっちかい!げに恐ろしきは、おぞましきは生きてる人間、てことか… …続きを読む
    みっちゃん
    2021年03月25日
    154人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品