試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
208
ISBN:
9784047362604

九国のジュウシ 第2巻

  • 著者 西 公平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
208
ISBN:
9784047362604

狼に育てられた野生児、九州平定への道。

最強の野生児・十四郎は高橋紹運の息子・千熊丸に修行をつけるため山に連れて帰った。
千熊丸にとって、その日々は何にも代えがたい経験となり、高橋家の戦力として帰還を果たす。

しかしそこへ紹運に来たのは、千熊丸の立花家への婿入りの話。
仕える大友家全体のことを考えれば悪い話ではないが――。
紹運はこれを機に十四郎を本格的に高橋家に引き入れようと画策する。

島津氏や龍造寺氏の強大化により、いっそう難しくなる九州平定。
果たして大友家、ひいては高橋家や十四郎はこの厳しい時代を生き残り、
九州平定を果たすことはできるのか。千変万化の第2巻!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「九国のジュウシ 第2巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • すき すき
    モットヤマモト
    2020年12月26日
    0人がナイス!しています
  • 戦国のドタバタグロコメディといったところかな。とにかく十四郎が強くてかわいい。子作り成功した後の鹿の頭被ってる誾千代かわいい 戦国のドタバタグロコメディといったところかな。とにかく十四郎が強くてかわいい。子作り成功した後の鹿の頭被ってる誾千代かわいい
    ともや
    2020年12月19日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品