試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041099643

魔邸

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041099643

”神隠しの森”に建つ家で、少年は恐怖に呑み込まれる。“最狂”の家ホラー

小学6年生の優真は、親の海外転勤の影響で、叔父と暮らすことに。しかし、叔父に連れられて訪れた家は“神隠し”の伝承がある森に建っていた。その家で過ごす最初の夜から、不気味な出来事が立て続き――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔邸」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 血は繋がらないが、大好きな叔父の別荘にて暮らすことになった六年生の優真。彼が体験する恐ろしい日々を描く今作、ミステリー6割ホラー/4割といったところか。まず優真が幼い頃から体験していた異界との遭遇の記 血は繋がらないが、大好きな叔父の別荘にて暮らすことになった六年生の優真。彼が体験する恐ろしい日々を描く今作、ミステリー6割ホラー/4割といったところか。まず優真が幼い頃から体験していた異界との遭遇の記憶が恐ろしい。夕焼け・誰もいない町・呪文のような文言・そして追いかけてくる“なにか”。三津田さんの真骨頂。神隠しの伝承が現代に残る異界との狭間で少年が向き合う残酷な現実と、暗闇から覗き込む得たいの知れない存在。シリーズを追う毎に、恐怖は若干弱くなってきたように感じるが、読み易くもある。優真は強くなったんだな。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2020年11月27日
    47人がナイス!しています
  • あれ、どこかで見たような?という小さな違和感の積み上げが怖さに繋がるのかと感じる。鏖殺事件・神々櫛などなど既視感を感じさせるにちがいない。家三部作完結らしいが災園はいったいどうなりました? あれ、どこかで見たような?という小さな違和感の積み上げが怖さに繋がるのかと感じる。鏖殺事件・神々櫛などなど既視感を感じさせるにちがいない。家三部作完結らしいが災園はいったいどうなりました?
    宗次郎
    2020年11月29日
    9人がナイス!しています
  • 途中までは優真の異界体験や神隠しの伝承の森が生むホラー一色、終盤は一気にミステリー要素が濃くなって新たな恐怖が噴き出す。信用していた人間が見せる裏切りの別の顔。どちらが怖いかと言われれば…異界に迷い込 途中までは優真の異界体験や神隠しの伝承の森が生むホラー一色、終盤は一気にミステリー要素が濃くなって新たな恐怖が噴き出す。信用していた人間が見せる裏切りの別の顔。どちらが怖いかと言われれば…異界に迷い込んで正体不明の何かに追いかけられるのはたまらなくイヤだし、心を許した相手に豹変される絶望のショックも計り知れず…選べない。そんな中でギリギリのところを生き延びていく優真の賢さや行動力が救い。子供のためを思っての再婚が、返って子供の命を危険に晒すことにモヤモヤする。ラストの一言は戦慄だけれど因果応報だと納得。 …続きを読む
    ニャーテン
    2020年11月28日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品