Missing4 首くくりの物語〈下〉

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049134612

Missing4 首くくりの物語〈下〉

  • 著者 甲田 学人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049134612

大重版で話題沸騰中の傑作ホラー小説、第4弾。 上下巻、同月刊行!

 昔話『奈良梨取り』――。
 そこに秘められた“真実の意味”が多くの人々を首くくりに誘ってきた。
 そして今、死の連鎖を断ち切るべく魔王陛下こと、空目恭一が動き出す。
 異端の作家・大迫栄一郎、首くくり、奈良梨取り、この3点にまつわる全ての謎を解き明かしてくれるはずの一冊、『奈良梨取考』を追う空目たち文芸部一同に待ち受けていた驚愕の真実とは――。
 鬼才、甲田学人が放つ伝奇ホラーの超傑作、第4弾。新装版限定書き下ろし掌編付き。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Missing4 首くくりの物語〈下〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まあ、順当に下巻のほうが内容をはっきり覚えていたというか、上巻で思い出したというべきか。 今後のメディアワークスでの発売予定はどうなっているのか 内容よりそちらのほうが気になってしまう。 まあ、順当に下巻のほうが内容をはっきり覚えていたというか、上巻で思い出したというべきか。 今後のメディアワークスでの発売予定はどうなっているのか 内容よりそちらのほうが気になってしまう。
    みどり
    2020年11月27日
    7人がナイス!しています
  • 異端の作家・大迫栄一郎、首吊り、奈良梨取り…三点を結ぶ先にある驚愕の真実とは…首くくりの物語、後編の第4巻。書き下ろし掌編は村神の幼少期、叔父との会話となっていて興味深い。謎を明かし、ついに対峙する\ 異端の作家・大迫栄一郎、首吊り、奈良梨取り…三点を結ぶ先にある驚愕の真実とは…首くくりの物語、後編の第4巻。書き下ろし掌編は村神の幼少期、叔父との会話となっていて興味深い。謎を明かし、ついに対峙する\魔導師\摩津方、軽い暗示で首締てきたり意図的な乗っ取りと…改めて読むと甲田先生作品でも群を抜いて強大で異質な存在だな…。空目の独特な思考や仲間たちの複雑な胸中、機関との嫌な共闘に魔を司る者たちと交錯していくストーリーと舞台は整ってきて、結構重いというのにまだまだ序盤なのですよね…恐ろしい…。 …続きを読む
    彼方
    2020年11月27日
    6人がナイス!しています
  • 書き下ろし掌編が村神の幼少期だったのは興味深い。面白かった。 書き下ろし掌編が村神の幼少期だったのは興味深い。面白かった。
    椎名
    2020年11月29日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品