Missing3 首くくりの物語〈上〉

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784049134605

Missing3 首くくりの物語〈上〉

  • 著者 甲田 学人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784049134605

大重版で話題沸騰中の傑作ホラー小説、第3弾。 上下巻、同月刊行!

 日下部稜子が図書館で借りた本の中に、『禁帯出』のスタンプが押された身に覚えのない一冊が混じっていた。
 その書物の名は『奈良梨取考』。
 それを代わりに返すと持っていった稜子の姉が不自然な首吊りを行い、命を落とす。
 突如、起きてしまった不可解な事件。しかし、それは惨劇の始まりでしかなかった。
 空目たちは、読んでしまった者を“首くくり”へと誘う昔話に巻き込まれていく――
 鬼才、甲田学人が放つ伝奇ホラーの超傑作、第3弾。新装版限定書き下ろし掌編付き。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「Missing3 首くくりの物語〈上〉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ3作目、上巻。魔王陛下の仲間・稜子がメイン。読んだ者を首吊りという死へと誘う本……本好きの私としては本を読みながら死ぬことや埋もれて死ぬことは本望でありますが、ジワリジワリと首括りの影が夢やら シリーズ3作目、上巻。魔王陛下の仲間・稜子がメイン。読んだ者を首吊りという死へと誘う本……本好きの私としては本を読みながら死ぬことや埋もれて死ぬことは本望でありますが、ジワリジワリと首括りの影が夢やら現実やらで迫ってくるのはイヤでありますね〜。また、ずっと気になっていた大迫栄一郎なる人物にも焦点が当てられ、その血縁者まで首括りの怪異に巻き込まれるとはなんと因果なことか。上巻では魔王陛下達はこれといって大きな動きは見せなかったけれど本番は下巻ということかな?あと魔導書に挟まっていた紙片の意味も気になるねえ。 …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー【主にBL作品感想係】
    2021年03月21日
    68人がナイス!しています
  • 文芸部員の身内から自殺者がでるというショッキングな内容からスタート。サブタイトルの通り首吊りがテーマ。これまで敵対的だと思っていた機関も早々に登場。敵味方、という分類では判断し辛い関係なんだと改めて実 文芸部員の身内から自殺者がでるというショッキングな内容からスタート。サブタイトルの通り首吊りがテーマ。これまで敵対的だと思っていた機関も早々に登場。敵味方、という分類では判断し辛い関係なんだと改めて実感。 上巻なだけあってこの巻ではまだ情報収集段階。謎の本を巡り既に相当ホラーな空気感あるが、大きな動きはない。それだけに下巻でどういう方向に進むのか予想できない。 …続きを読む
    にぃと
    2022年05月17日
    12人がナイス!しています
  • 電撃文庫版既読。全編ブラッシュアップ3巻目「首くくりの物語」である。読書好きとしては読んだら首くくりの縄の幻聴幻覚が起き最終的には己も首をくくってしんでしまう「奈良梨取考」は怖いなあ。「末子成功譚」で 電撃文庫版既読。全編ブラッシュアップ3巻目「首くくりの物語」である。読書好きとしては読んだら首くくりの縄の幻聴幻覚が起き最終的には己も首をくくってしんでしまう「奈良梨取考」は怖いなあ。「末子成功譚」である奈良梨取りの昔話。ぎぃぎぃと縄の軋む音が聞こえてきそうな本書。書き下ろしは聖創学院の七不思議について。「奈良梨取考」を出版した出版社で深夜だらりとぶら下がる首くくりの死体の情景はなかなか怖い。 …続きを読む
    芙蓉
    2020年12月13日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品