試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041098844
ニコカド祭り2020

白日

  • 著者 月村 了衛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041098844

組織の論理の中、いかに、人間でいられるか―。 風太郎賞受賞作家の会心作

 千日出版の教育部門で課長を務める秋吉に衝撃的な情報が入った。事業を率いる梶原局長の中3の息子が、謎の転落死を遂げたというのだ。部署が一大プロジェクト――大手進学塾と合併し社を独立、IT企業との提携のもと、最新技術を駆使した[引きこもり・不登校対策]を打ち出す新時代の高校を開校――に臨んでいたときだった。
 プロジェクトは一時中止になり、事故ではなく自殺という噂が社内では急速に広まる。秋吉は部下の前島と調査を開始するが、人事課の飴屋から警告される。以前から、社長派と専務派が対立する社内。会社の上層部は秋吉に隠蔽を働きかける。少年の死という状況のもと、彼らが気にするのは自社の利益追求と保身だった。

 信頼できない上司、暴走する部下、情報戦の様相を呈す社内派閥抗争……。もはや社内に信用できる者はいない――。

 子どもたちの未来のために新しい学校をつくる、その志を持って教育事業を推進してきた秋吉の運命は。少年の死の真相は。
 現代社会の欺瞞を暴き希望のありかを探る、明日のサラリーマン・エンタメ!



===
会社組織の中で生きる者として、
そして、一人の父親として、
いかに「人間」でいられるか――。

第10回〈山田風太郎賞〉受賞作家の会心作!

メディアミックス情報

NEWS

「白日」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 善か悪か、それだけでは裁けない立場に立たされた男の苦悩が、この胸に突き刺さる。出版社で課長を務める秋吉の元に、ある一大プロジェクトを率いる局長の息子が、謎の転落死を遂げたという訃報がもたらされる。事故 善か悪か、それだけでは裁けない立場に立たされた男の苦悩が、この胸に突き刺さる。出版社で課長を務める秋吉の元に、ある一大プロジェクトを率いる局長の息子が、謎の転落死を遂げたという訃報がもたらされる。事故か事件か、はたまた自殺か。その調査を進めるうちに、秋吉は衝撃の事実にたどり着く。「もし、自分ならどうするだろう」と、幾度となくわが身を振り返った。組織に迎合するのか、それとも守りたいもののために信念を貫くのか。誰もが無関係でいられない、これはそんな物語だ。(プルーフにて読了) …続きを読む
    波多野七月
    2020年11月13日
    14人がナイス!しています
  • 教育の出版社と、国立や有名な海外大学に合格し得る力をつけるために大手塾会社が手を組んで、生徒の自主性と尊厳を重んじる通信制の高校を開校する準備が進む中、出版社側のプロジェクトリーダーの中3の息子が謎の 教育の出版社と、国立や有名な海外大学に合格し得る力をつけるために大手塾会社が手を組んで、生徒の自主性と尊厳を重んじる通信制の高校を開校する準備が進む中、出版社側のプロジェクトリーダーの中3の息子が謎の死を遂げることから始まる、社会派の小説。小説の舞台が教育の出版社です。自分の立場を不利にしないために、常に駆け引きをしながら、また、自分の手の内を明かさずかつ相手を探り探り会話や事を運んでいくという社内の人間関係をこの小説を通して擬似体験し、読後どっと疲労感に見舞われました。主題はそこじゃないんですけどね。 …続きを読む
    りん
    2020年11月22日
    11人がナイス!しています
  • 教育現場も、会社という組織も時代に適した変化をしていかなくてはいけない。 たとえ疎まれようとも、“そのひとこと”をあげれる人間でありたいと思う。まずは古き考え方からの脱却。 教育現場も、会社という組織も時代に適した変化をしていかなくてはいけない。 たとえ疎まれようとも、“そのひとこと”をあげれる人間でありたいと思う。まずは古き考え方からの脱却。
    かずや
    2020年11月14日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品