刑事にだけはなりたくない 警務課広報係永瀬舞

刑事にだけはなりたくない 警務課広報係永瀬舞 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年08月25日
商品形態:
電子書籍

刑事にだけはなりたくない 警務課広報係永瀬舞

  • 著者 中谷航太郎
発売日:
2020年08月25日
商品形態:
電子書籍

「読後の清涼感がなんとも心地よい」矢月秀作氏推薦の書き下ろし警察小説。

出勤途中に捨て猫を発見した赤羽署警務課広報係の永瀬舞は、子猫を放っておくことができず休暇を取って保護することにした。だが翌日、舞は自宅付近のアパートで殺人事件が起きていたことを知る。叔父の副署長に呼び出された舞は、被害者と会っていたことから、捜査に協力を求められるが──。捜査一課の氷室とともに初めての事件現場と聞き取りに向かった舞は、刑事には真似できない、驚くべき捜査の才能を発揮していく。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「刑事にだけはなりたくない 警務課広報係永瀬舞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私としては珍しく帯を見て、「警察小説の新ヒロイン誕生!」の惹句にだまされ、「警務課広報係」の警察官が主人公という設定に魅かれたので買って読んでみた。忙しいのが嫌いな主人公だから、刑事にだけはなりたくな 私としては珍しく帯を見て、「警察小説の新ヒロイン誕生!」の惹句にだまされ、「警務課広報係」の警察官が主人公という設定に魅かれたので買って読んでみた。忙しいのが嫌いな主人公だから、刑事にだけはなりたくないと思いながらも、なぜか事件に引きずり込まれて、あちらこちらへと顔を出して、結果的に事件を解決してしまう。といっても、読者が論理的に犯人を推理できるようなこともなく、軽いギャグをはさみながらあっさりとした結末がどの話にもついてくる。重くはないが、清涼感(帯にある某作家さんの推薦の辞より)を感じるほどでもない。 …続きを読む
    ともパパ
    2020年09月21日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品