試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041097892
ニコカド祭り2020

ヘディングはおもに頭で

  • 著者 西崎 憲
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041097892

ここでは良いことは何も起こらない。でも、ここには希望しかない。

大学受験に二度失敗し、浪人をしながらアルバイトを転々として暮らしている松永おんは、かつて双子の弟がいたことから、自分は半分だけの存在だという意識を持って生きている。半年前から働きはじめた弁当屋では何の楽しみもやりがいも見いだすことができない。そんな日々を過ごしていたある日、おんは高校時代の部活・写真部の集まりで友人に誘われたことがきっかけで、初めてフットサルをする。それはおんにとって「まったく新しい何か」だった。誰かにスイッチを押されたようにフットサルを始めたおんは、永田町にあるフットサルスクールに通うようになる。一方、地元北千住の同人誌が開催する読書会にも参加するなど、徐々に世界を広げていくおんだが……。

POPクリエイター、でんすけのかいぬしさんによる限定POPを公開!

おすすめコメント


宮内悠介さん 脱帽!
「みがき抜かれた言葉と、静かに動かされる心。それはまるで、アメジストの結晶を光に透かしてみたときのような。小説とは、ここまでやらなければならないのか」

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

著者・西崎さんによる作品PV オリジナル音源も西崎さんが手がけています!

「ヘディングはおもに頭で」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ゆるゆると語られる物語は、大きく盛り上がるわけではない。たいしたこともなく過ぎていく毎日。それは、ほんの少しばかりの風が吹いたら、それを敏感に感じ取れるということでもあると思う。少しの風に吹かれて、あ ゆるゆると語られる物語は、大きく盛り上がるわけではない。たいしたこともなく過ぎていく毎日。それは、ほんの少しばかりの風が吹いたら、それを敏感に感じ取れるということでもあると思う。少しの風に吹かれて、ああ、いい風だな、と思う。その「いい風」の心地良さは、結構あとあとまで続くのだ。 …続きを読む
    ぱせり
    2020年10月19日
    6人がナイス!しています
  • 主人公の「おん」という名前をしょっちゅう「おれ」と空目してしまう。日本初、いや世界初?のフットサル小説。たしかにアメフト、ラグビー、サッカー、バスケなどコンタクト系の球技って格闘技よりケガが多いんです 主人公の「おん」という名前をしょっちゅう「おれ」と空目してしまう。日本初、いや世界初?のフットサル小説。たしかにアメフト、ラグビー、サッカー、バスケなどコンタクト系の球技って格闘技よりケガが多いんですよね。スポーツ保険必須。新たな身体感覚がひらけていく過程がものすごく生き生きとこちらに伝わってきます。あと、小難しげな海外小説の読書会でそんな色っぽいケミストリーが発生したりするのかな、しばしば参加、稀に主催する身としては気になります…! …続きを読む
    paluko
    2020年10月17日
    5人がナイス!しています
  • 不思議な読み心地。限りなく一人称に近い三人称で描かれ、私小説に近い雰囲気があるんだけど、私小説という言葉が想起させる湿った露悪趣味は感じない。淡々としていて、ほのかなユーモアもあって、人を不快にさせる 不思議な読み心地。限りなく一人称に近い三人称で描かれ、私小説に近い雰囲気があるんだけど、私小説という言葉が想起させる湿った露悪趣味は感じない。淡々としていて、ほのかなユーモアもあって、人を不快にさせるものは出てこない。だから、いつまででも読んでいられる気がする。 …続きを読む
    timeturner
    2020年10月16日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品