試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月19日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
560
ISBN:
9784041096987

テスカトリポカ

  • 著者 佐藤 究
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月19日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
560
ISBN:
9784041096987

鬼才・佐藤究が放つ、クライムノベルの新究極、世界文学の新次元!

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。

メディアミックス情報

NEWS

「テスカトリポカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 佐藤 究、3作目です。本書は、圧倒的な暴力ノワールをアステカの神々が誘うクライム・ノベル、読み応えがありました。アステカの古代神が現代に蘇り、現人神コシモ降臨ということでしょうか?続編を希望します。 佐藤 究、3作目です。本書は、圧倒的な暴力ノワールをアステカの神々が誘うクライム・ノベル、読み応えがありました。アステカの古代神が現代に蘇り、現人神コシモ降臨ということでしょうか?続編を希望します。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/5433 …続きを読む
    starbro
    2021年03月15日
    197人がナイス!しています
  • かすかに、しかし連綿と受け継がれてきた古代アステカの因習。妄信が狂気をよぶ。狂気が暴力を生みだす。日本、メキシコ、インドネシア…。境遇は違えど出会うべくして出会ったコシモとバルミロ。闇の邂逅はテスカト かすかに、しかし連綿と受け継がれてきた古代アステカの因習。妄信が狂気をよぶ。狂気が暴力を生みだす。日本、メキシコ、インドネシア…。境遇は違えど出会うべくして出会ったコシモとバルミロ。闇の邂逅はテスカトリポカの導きか。復讐、制裁、抗争。そして生け贄は神に捧げられる。恐怖が恍惚へ昇華する狂気。もし、実写なら正視に耐えられん描写の数々。が、不思議とエグさが後を引きずらない。でもって550頁の大長編ながらも飽きさせないスリリングな展開。読み手のツボをおさえてますね。バイオレンスエンタメ、きっちり仕上がってます。 …続きを読む
    とん大西
    2021年03月23日
    127人がナイス!しています
  • スケールの大きなエンタメで、内容も充実していた。扱われていたテーマは、麻薬と臓器の密輸。川崎に生まれ育った土方コシモは、天涯孤独の生活を送っていた。一方でメキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミ スケールの大きなエンタメで、内容も充実していた。扱われていたテーマは、麻薬と臓器の密輸。川崎に生まれ育った土方コシモは、天涯孤独の生活を送っていた。一方でメキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会う。その頃、土方コシモとバルミロは日本で出会い、彼らの犯罪に巻きこまれていく。ドン・ウィンズロウのような香りのする作品だが、日本でこれだけの物語を造り得た事は凄いと思う。冒険小説の好きな人にはぜひお薦めしたい一冊。 …続きを読む
    のぶ
    2021年03月09日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品