試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041096901

僕の目に映るきみと謎は

  • 著者 井上 悠宇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041096901

彼女の視界は謎に溢れている。彼女を救えるのは、謎が見えない僕だけ。

あなたは呪いの人形を受け取りました。
この人形を親友に渡さなければ、あなたは、次の友引の日に死んでしまいます。
あなたは、親友に、渡しますか?


僕の幼馴染、祀奇恋子(まつりぎ・こうこ)の視る世界は異常である。
彼女は謎(オカルト)を視て、怪異(ミステリ)を解き明かす霊能探偵だ。
ある時、僕たちの通う高校で生徒の連続自殺が起きた。そこには受け取った相手を呪い殺す「トモビキ人形」がかかわっているらしい。
親友から人形を渡された女子生徒の相談を受け、恋子は5W1Hを駆使して怪異を暴く、「除霊推理(オカルトトラッキング)」に挑むことを決める。
怖がりのくせに逃げない幼馴染を守るため、僕も助手として調査を始めるが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕の目に映るきみと謎は」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み始めて、ん? これは予想と違った作品だったか、と感じたのだが、半分読んだところで納得。オカルトが、一部の人間には現実のものとして存在する世界。それでも論理でつめていく探偵。いわば作品全体を、日常以 読み始めて、ん? これは予想と違った作品だったか、と感じたのだが、半分読んだところで納得。オカルトが、一部の人間には現実のものとして存在する世界。それでも論理でつめていく探偵。いわば作品全体を、日常以外の論理が支配している。ラストまで一気。真相の解明シーンが、典型的なミステリとして成り立っている点が、途中までの印象を吹き飛ばす快挙だと映った。あの『アクアリウムの夜』に似て、トーンがひたすら暗いのも、そんなに例がなさそうで、作品として買われるべきところだろう。オカルトに始まり、オカルトに終わる。論理的に。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2020年11月26日
    41人がナイス!しています
  • 異常な世界が日常に視えてしまう女子高生・祀奇恋子。彼女と幼馴染・真守が、親友から怪しい人形を渡された女子生徒の相談を受け、「除霊推理」で恋子と真守のコンビが怪異を暴くオカルトミステリ。5W1Hを駆使し 異常な世界が日常に視えてしまう女子高生・祀奇恋子。彼女と幼馴染・真守が、親友から怪しい人形を渡された女子生徒の相談を受け、「除霊推理」で恋子と真守のコンビが怪異を暴くオカルトミステリ。5W1Hを駆使して真相に迫り除霊する恋子と異界に繋がる扉を閉じることが出来る真守。当たり前のように怪異が視えてしまう日常で、怖がりのくせに逃げない幼馴染を守る二人の関係がなかなか絶妙で、相手を呪い殺す「トモビキ人形」を巡る真相とその結末もまたなかなか壮絶なものがありましたけど、そんな二人の物語をまた読んでみたいと思いました。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月22日
    33人がナイス!しています
  • 全ての人の目前にある、この世とあの世を繋ぐ見えない扉。それが開けば怪異が迫る…。そんな扉が全開で常に怪異に曝されている霊能探偵の祀奇恋子と、全ての扉を閉める力を持つ幼馴染みの真守が、受け取った相手を呪 全ての人の目前にある、この世とあの世を繋ぐ見えない扉。それが開けば怪異が迫る…。そんな扉が全開で常に怪異に曝されている霊能探偵の祀奇恋子と、全ての扉を閉める力を持つ幼馴染みの真守が、受け取った相手を呪い殺す『トモビキ人形』に纏わる事件に”5W1H”を駆使して挑むミステリ。内容を確認せずタイトルと表紙に惹かれて読み始めたらオカルトとわかり、恐怖しつつも予想できない展開にワクワクしながら読み進めました。一番恐いのは生きてる人間だというね…。キャラミスとしても楽しめて、ぜひシリーズ化して欲しい作品と思いました。 …続きを読む
    芳樹
    2020年09月30日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品