試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041096758

関連作品有り

肉弾

  • 著者 河崎 秋子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041096758

圧倒的なスケールで描く人間と動物の生と死。第21回大藪春彦賞受賞作。

大学を休学中の貴美也は、父・龍一郎に反発しながらもその庇護下から抜け出せずにいた。北海道での鹿狩りに連れ出され、山深く分け入ったその時、2人は突如熊の襲撃を受ける。貴美也の眼前でなすすべなく腹を裂かれ、食われていく龍一郎。どこからか現れた野犬の群れに紛れ1人逃げのびた貴美也は、絶望の中、生きるために戦うことを決意する。
圧倒的なスケールで人間と動物の生と死を描く、第21回大藪春彦賞受賞作。
解説 平松洋子

メディアミックス情報

NEWS

「肉弾」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 待望の文庫化のはずが、あえなくギブアップ。主人公の性格にイライラ、人間の身勝手さにムカムカ、犬の場面でとうとう耐えきれなくてリタイア。残念。 待望の文庫化のはずが、あえなくギブアップ。主人公の性格にイライラ、人間の身勝手さにムカムカ、犬の場面でとうとう耐えきれなくてリタイア。残念。
    アッシュ姉
    2020年10月15日
    69人がナイス!しています
  • 【シリーズ森9】北海道の羊飼い作家の第二作。屈斜路カルデラの森が舞台だ。屈斜路湖と摩周湖という二大カルデラ湖を擁する。しかし今回は立入り禁止の広大な森で物語が展開する。大学を中退した引きこもりの青年が 【シリーズ森9】北海道の羊飼い作家の第二作。屈斜路カルデラの森が舞台だ。屈斜路湖と摩周湖という二大カルデラ湖を擁する。しかし今回は立入り禁止の広大な森で物語が展開する。大学を中退した引きこもりの青年が、父親の趣味の狩猟に無理やりに連れてこられ、熊との文字どおりの死闘の末、自己を回復する物語。■森に一人取り残され、これまでの無為の人生を振り返っても絶望しかなく自殺を決意するが、肉体の声を聴く。「体は死ぬことを望んでいない。今、発しているこの熱の正体は怒りだ」(p148)。青年の肉体を呼び起こしたのは、野犬↓ …続きを読む
    翔亀
    2021年02月11日
    43人がナイス!しています
  • 未来屋小説大賞5位☆親子で山に狩猟に行って、狂暴な熊と遭遇、野犬にも襲われてのサバイバルストーリー。時々、犬の視点や熊の視点に変わるのが斬新。人間たちは自然を壊し、生態系を乱し、ペットを簡単に捨てて… 未来屋小説大賞5位☆親子で山に狩猟に行って、狂暴な熊と遭遇、野犬にも襲われてのサバイバルストーリー。時々、犬の視点や熊の視点に変わるのが斬新。人間たちは自然を壊し、生態系を乱し、ペットを簡単に捨てて…身勝手な生き物だな~と思いました。 …続きを読む
    ピロ麻呂
    2020年06月18日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品