自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044006204

自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く

  • 著者 松本 敏治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044006204

「自閉症者は津軽弁を話さない」!?10年にわたる研究、話題作が文庫化!

【発売直後から話題】
★読売新聞 2020年10月18日「文庫新書欄」掲載
★J-CAST BOOKウォッチ 同10月21日「デイリーBOOKウォッチ」掲載
★朝日新聞 同10月24日「山田航が薦める文庫この新刊!」掲載
★honto ブックツリー 同10月30日「『言語』に興味をもっている人へ」(選:高野秀行氏)掲載
★ダ・ヴィンチニュース 同11月6日書評(文:いのうえゆきひろ氏)掲載
★毎日新聞 同11月7日「今週の本棚」(評:渡邊十絲子氏)掲載
★東京新聞 同11月14日「酒井順子さんの3冊の本棚」掲載
★北海道新聞 同11月14日著者インタビュー掲載
★要約サイト「フライヤー」 同12月16日掲載

「今日の健診でみた自閉症の子も、お母さんバリバリの津軽弁なのに、本人は津軽弁しゃべんないのさ」――津軽地域で乳幼児健診にかかわる妻が語った一言。「じゃあ、ちゃんと調べてやる」。こんなきっかけで始まった「自閉症と方言」研究は10年に及び、関係者を驚かせる結果をもたらすものとなった。方言の社会的機能を「意図」というキーワードで整理するなかで見えてきた、自閉症児のコミュニケーションの特異性に迫る。

【目次】
 発 端   
第1章 自閉症は津軽弁をしゃべんねっきゃ
第2章 北東北調査
第3章 全国調査
第4章 方言とは
第5章 解釈仮説の検証
第6章 方言の社会的機能説
第7章 ASD幼児の方言使用
第8章 ASDの言語的特徴と原因論
第9章 家族の真似とテレビの真似
第10章 ことばと社会的認知の関係
第11章 かず君の場合
第12章 社会的機能仮説再考
第13章 方言を話すASD
第14章 「行きます」 
第15章 コミュニケーションと意図
文庫版あとがきを新規収録

もくじ

【目次】
 発 端   
第1章 自閉症は津軽弁をしゃべんねっきゃ
第2章 北東北調査
第3章 全国調査
第4章 方言とは
第5章 解釈仮説の検証
第6章 方言の社会的機能説
第7章 ASD幼児の方言使用
第8章 ASDの言語的特徴と原因論
第9章 家族の真似とテレビの真似
第10章 ことばと社会的認知の関係
第11章 かず君の場合
第12章 社会的機能仮説再考
第13章 方言を話すASD
第14章 「行きます」 
第15章 コミュニケーションと意図
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自閉症は方言を話さない。当たり前である。TVのアナウンサーのような言葉を使うって教科書に書いてあるじゃろ、と、思考停止してはいけない。何故方言を使わないのか。相手と距離を置きたいからか、発声に個性があ 自閉症は方言を話さない。当たり前である。TVのアナウンサーのような言葉を使うって教科書に書いてあるじゃろ、と、思考停止してはいけない。何故方言を使わないのか。相手と距離を置きたいからか、発声に個性があって発音しにくいのか。10年かけて研究する内、方言とは何か、言葉とは何かというテーマに突き当たる。人は言葉を獲得する時、同じ物を見ているのである。同時に見ている物を表す言葉が名詞になるのである。感情を共有しない者は、TVなどから一生懸命学習する。じゃりン子チエを字幕付きで見ればきっと関西弁も喋れるようになる。 …続きを読む
    ゆいまある
    2020年12月02日
    130人がナイス!しています
  • そもそも、本でも触れられているように自閉スペクトラムの中でも濃淡やら厚薄やら千差万別ひと其々である。その中で現場では、サンドウィッチ解体して並べるよね〜、皮膚感覚で服選ぶよね〜、絆創膏大好きだよね〜、 そもそも、本でも触れられているように自閉スペクトラムの中でも濃淡やら厚薄やら千差万別ひと其々である。その中で現場では、サンドウィッチ解体して並べるよね〜、皮膚感覚で服選ぶよね〜、絆創膏大好きだよね〜、狭い弁当屋のモーター音耐えられないよね〜、と認識しあう。その一つが「方言を話さない」なのだろう。診断名は単にサービス供受の便利性のため。一人一人のためにどんな関わりをすればより良く生きられるかを考える現場で、なぜ津軽弁を話さないのかとの理論や根拠を欲しているだろうか。専門のトリビア的な面白さとして読んだ。 …続きを読む
    しいたけ
    2021年01月29日
    104人がナイス!しています
  • タイトルまま、な本で、とても興味深く面白く読めた。文章や話の持っていきかたが丁寧で、データもふんだんに載せてくれている。実例としてあげられているのは聞き取り調査が大半ながらも、意図、背景、状況等の説明 タイトルまま、な本で、とても興味深く面白く読めた。文章や話の持っていきかたが丁寧で、データもふんだんに載せてくれている。実例としてあげられているのは聞き取り調査が大半ながらも、意図、背景、状況等の説明が親切で、物足りなさはまったくない。ただ、奥さんとの夫婦喧嘩を掴みとしてもってくるところは「やる夫で学ぶ」みたいな、わかりやすくもあざとい印象を受けた。また「普通の人」の定義が前時代的というか、方言が通用するようなローカルな社会での忖度コミュニケーションぽいのも気になった。私の身近だと一般化できない例だなと。 …続きを読む
    アナーキー靴下
    2021年06月14日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品