自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044006204

自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く

  • 著者 松本 敏治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044006204

「自閉症者は津軽弁を話さない」!?10年にわたる研究、話題作が文庫化!

「今日の健診でみた自閉症の子も、お母さんバリバリの津軽弁なのに、本人は津軽弁しゃべんないのさ」――津軽地域で乳幼児健診にかかわる妻が語った一言。「じゃあ、ちゃんと調べてやる」。こんなきっかけで始まった「自閉症と方言」研究は10年に及び、関係者を驚かせる結果をもたらすものとなった。方言の社会的機能を「意図」というキーワードで整理するなかで見えてきた、自閉症児のコミュニケーションの特異性に迫る。

【目次】
 発 端   
第1章 自閉症は津軽弁をしゃべんねっきゃ
第2章 北東北調査
第3章 全国調査
第4章 方言とは
第5章 解釈仮説の検証
第6章 方言の社会的機能説
第7章 ASD幼児の方言使用
第8章 ASDの言語的特徴と原因論
第9章 家族の真似とテレビの真似
第10章 ことばと社会的認知の関係
第11章 かず君の場合
第12章 社会的機能仮説再考
第13章 方言を話すASD
第14章 「行きます」 
第15章 コミュニケーションと意図

文庫版あとがきを新規収録(2020年7月)

もくじ

【目次】
 発 端   
第1章 自閉症は津軽弁をしゃべんねっきゃ
第2章 北東北調査
第3章 全国調査
第4章 方言とは
第5章 解釈仮説の検証
第6章 方言の社会的機能説
第7章 ASD幼児の方言使用
第8章 ASDの言語的特徴と原因論
第9章 家族の真似とテレビの真似
第10章 ことばと社会的認知の関係
第11章 かず君の場合
第12章 社会的機能仮説再考
第13章 方言を話すASD
第14章 「行きます」 
第15章 コミュニケーションと意図

メディアミックス情報

NEWS

「自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自閉症について、方言について考えさせられる。何気なく使っている方言の意図するところ。ゆえに、自閉症の方がそれを使えないこと。読んでみれば、なるほどな、と思うのだけれど、何故自閉症は方言を話さないのか、 自閉症について、方言について考えさせられる。何気なく使っている方言の意図するところ。ゆえに、自閉症の方がそれを使えないこと。読んでみれば、なるほどな、と思うのだけれど、何故自閉症は方言を話さないのか、という観点で疑問を持たなければ見えてこなかったことなんだろうな、とも。そして人間の多様さよ…。他人の意図することが、分かりたくても分からない人がいる。それは努力とかではないのだ。他者理解について考える。その人の持つ、困難さについて考える。人間は思ったよりも、とても複雑だ。 …続きを読む
    椿 釦
    2020年10月08日
    12人がナイス!しています
  • タイトルのキャッチーさに反して論の進め方が堅実で、仕事で論文を読んでいる時の感覚に近いくらい(すこし眠くなる)。もう少し児の発語全体に対するの定量的なデータがあればいいなとは思ったが(そうしなかった理 タイトルのキャッチーさに反して論の進め方が堅実で、仕事で論文を読んでいる時の感覚に近いくらい(すこし眠くなる)。もう少し児の発語全体に対するの定量的なデータがあればいいなとは思ったが(そうしなかった理由は作中で述べられている)。方言の社会的機能説、意図の読み込みの入れ子構造、意図理解・調整・参照など、後半で論がまとめられてくると、コミュニケーションそのもののミクロな解析の面白さが際立ってくる。P248〜249のエピソードは、過適応による適応障害事例に直接結びついているような記述で参考になった。 …続きを読む
    ぼっせぃー
    2020年10月23日
    3人がナイス!しています
  • 自閉症の子は方言を話さない(話す人数が少ない)というのは、現場では知られていたが、それについて調べられて来なかった経緯があった。もともと方言には他人との距離を縮める事を期待して使われてる一面があって、 自閉症の子は方言を話さない(話す人数が少ない)というのは、現場では知られていたが、それについて調べられて来なかった経緯があった。もともと方言には他人との距離を縮める事を期待して使われてる一面があって、ASDは他人との社会的距離を理解するのが苦手なので方言をうまく使う事が出来ない、また言葉も決まったパターンの繰り返しで覚える方が得意なので、テレビ(テレビは基本的に標準語)などの映像から言葉を覚えることになるため、標準語を覚えることになる。なるほど〜〜〜 …続きを読む
    肉球
    2020年10月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品