人質司法 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月10日
商品形態:
電子書籍

人質司法

  • 著者 高野 隆
発売日:
2021年06月10日
商品形態:
電子書籍

ゴーンの逃亡は、必然だった――。日本司法の闇に、担当弁護士が迫る!

「私は日本の司法制度の人質ではない」と述べ逃亡したカルロス・ゴーン氏。担当弁護士が明かす、彼の実像と苦悩とは。そして、諸悪の根源「人質司法」の実態について、自らの経験と豊富な実証を基に、鋭く切り込む!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「人質司法」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本の刑事司法において、身体拘束や家族との接触さえ絶たれる(incommunicado )接見禁止が容易かつ反論の機会なくアンフェアに行われていることにつき、明治期〜昭和期の歴史から紐解き、英米法の制 日本の刑事司法において、身体拘束や家族との接触さえ絶たれる(incommunicado )接見禁止が容易かつ反論の機会なくアンフェアに行われていることにつき、明治期〜昭和期の歴史から紐解き、英米法の制度と比較しながら論ずる。新書として一般向けにわかりやすく書かれているが、法制史・比較法・憲法論・行政手続と刑事手続の比較など専門性も高い。ゴーン事件に関しては、ゴーン氏の家族との接触禁止の不合理性や身体拘束に関する裁判の理由の不透明性について、国際法的知見からの指摘は学びが多い。また欠席裁判の提案は示唆的。 …続きを読む
    ねお
    2021年07月29日
    19人がナイス!しています
  • 日本の刑事司法のシステムは「推定有罪」であり「疑わしきは官僚様の利益に」ということになっているようで、どこが自由と民主なのか呆れるしかない恥ずかしさです。私達はいつ身に覚えのない罪を着せられて逮捕され 日本の刑事司法のシステムは「推定有罪」であり「疑わしきは官僚様の利益に」ということになっているようで、どこが自由と民主なのか呆れるしかない恥ずかしさです。私達はいつ身に覚えのない罪を着せられて逮捕されるかわからない。逮捕されてしまえば警察や検察の毒牙から逃れる術はほぼ無く、長期拘留と過酷な取り調べにより破壊された生活、人生は二度と元には戻りません。しかしこの異常な刑事司法システムは残念なことにあまり国民の関心の的にはなっていないようです。他国のことを持ち出すまでもなく人権は今ここで抑圧されているのですが。 …続きを読む
    加藤久和
    2021年10月17日
    4人がナイス!しています
  • 当たり前の制度だと思っていたことが全然当たり前ではなかったことを知り、衝撃でした。 当たり前の制度だと思っていたことが全然当たり前ではなかったことを知り、衝撃でした。
    R.
    2022年01月05日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品