試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040823706

人質司法

  • 著者 高野 隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040823706

ゴーンの逃亡は、必然だった――。日本司法の闇に、担当弁護士が迫る!

「私は日本の司法制度の人質ではない」と述べ逃亡したカルロス・ゴーン氏。担当弁護士が明かす、彼の実像と苦悩とは。そして、諸悪の根源「人質司法」の実態について、自らの経験と豊富な実証を基に、鋭く切り込む!

メディアミックス情報

NEWS

「人質司法」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 被疑者(罪を犯したと疑いをかけられている起訴前の人。マスコミは容疑者と呼んでいるが、法的にはこちらが正しい)や被告人(刑事裁判で起訴された人。‘ 被告 ’ ではない)の身柄拘束については、立法レベルで 被疑者(罪を犯したと疑いをかけられている起訴前の人。マスコミは容疑者と呼んでいるが、法的にはこちらが正しい)や被告人(刑事裁判で起訴された人。‘ 被告 ’ ではない)の身柄拘束については、立法レベルでも、法解釈・適用レベルでも広く論じられるべきだろう。この本がその一助となることは間違いない。ただ、その前に、被疑者や被告人の身柄拘束が処罰ではないこと(処罰するか否か、すなわち有罪か否かは刑事裁判で初めて決まる)、逮捕・勾留=有罪ではないことを共通認識とする必要がある。(以下コメント欄) …続きを読む
    おやぶたんぐ
    2021年07月18日
    2人がナイス!しています
  • 「鏡の国」の刑事裁判:拘留されない人・5% やむを得ない事由がルーティン 弁護人を無力化する接見禁止 実態として黙秘権が認められず 取調べ受忍義務 取り決めと真逆の運用 カルロスゴーンの拘禁、保釈、そ 「鏡の国」の刑事裁判:拘留されない人・5% やむを得ない事由がルーティン 弁護人を無力化する接見禁止 実態として黙秘権が認められず 取調べ受忍義務 取り決めと真逆の運用 カルロスゴーンの拘禁、保釈、そして逃亡:勾留理由開示 夫婦間の接触禁止の非人道性  取調べ受忍義務:但書の但書 形骸化する取調べ拒否権  接見禁止:世界に例を見ない制度 国際法上の問題 罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由:だれのための人質か 拘禁のための手続:ディテンション・ヒアリング われわれはどこを目指すべきか:GPSモニタリング …続きを読む
    Go Extreme
    2021年06月30日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品