KILLTASK 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年07月02日
商品形態:
電子書籍

KILLTASK

  • 著者 行成 薫
発売日:
2020年07月02日
商品形態:
電子書籍

狙うのは、脳天か、心臓。必ず、一発で仕留めろ。極限の「殺し屋」小説。

殺し屋(エージェント)見習いとして生きることになった主人公。平凡な人生を送っていた彼は、自身の家族を皆殺しにした容疑を掛けられ、逃亡していたところを二人のエージェント「天使」と「悪魔」に拾われたのだ。何者かにはめられ、罪を背負わされた彼は、裏社会で生きていくためにある特殊技能を磨いていく。彼の祖父は名うてのマタギで、祖父に連れられてたびたび猟について行っていた彼は、ひそかに狩猟者としての技術を祖父から受け継いでいたのだ。「スナイパー」としてのエージェントの手伝いにようやく慣れてきたころ、主人公はある事実を知る。殺された彼の家族に残された、犯人の「刻印」。それは彼を拾ったエージェントの一人、「天使」がターゲットに遺すものと全く同じものだった――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「KILLTASK」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 行成さん3冊目。『名も無き世界の~』でも感じたが、伊坂さんを意識したようなタッチで、本作は殺し屋が中心の話なので「そこまで寄せて大丈夫?」と思ったが、余計な心配だった…テンポ良い展開と軽妙な会話で、伊 行成さん3冊目。『名も無き世界の~』でも感じたが、伊坂さんを意識したようなタッチで、本作は殺し屋が中心の話なので「そこまで寄せて大丈夫?」と思ったが、余計な心配だった…テンポ良い展開と軽妙な会話で、伊坂さんチックではあるが似て非なるもので、大いに楽しめた。中心の3人(僕、天使、悪魔)+1人(杏)は漫画的なキャラ立てで目に浮かぶし、周囲の人間たちも単なる道具にならないように背景を持たせているのも好み。終盤の二転三転と、主要人物たちの結末も気持ち好く、エンタメとして標準以上。続編も創れる構造なので期待したい♬ …続きを読む
    しんたろー
    2020年08月21日
    204人がナイス!しています
  • 読メのレビューと表紙に魅かれて読みました。行成 薫、2作目です。本書は、殺し屋稼業ファンタジーミステリでした。伊坂幸太郎風でもありますが、伊坂幸太郎ほどユーモラスではありません。「生きるか死ぬか、 ど 読メのレビューと表紙に魅かれて読みました。行成 薫、2作目です。本書は、殺し屋稼業ファンタジーミステリでした。伊坂幸太郎風でもありますが、伊坂幸太郎ほどユーモラスではありません。「生きるか死ぬか、 どっちがいい?」 https://www.kadokawa.co.jp/product/322001000192/ …続きを読む
    starbro
    2020年11月19日
    191人がナイス!しています
  • 初読み作家さんで他を知らないんだけど、読み友さんが書いていたように伊坂幸太郎っぽい。殺し屋が出てくるからというだけじゃなくて、全体の雰囲気みたいなものも。でも、これはこれでとてもおもしろかった!殺し屋 初読み作家さんで他を知らないんだけど、読み友さんが書いていたように伊坂幸太郎っぽい。殺し屋が出てくるからというだけじゃなくて、全体の雰囲気みたいなものも。でも、これはこれでとてもおもしろかった!殺し屋の話なのに読んでて楽しくて、なんかずっとわくわくしながら読んだよ。内容よりも表紙が怖くて、いちいち裏返して置いてたけどね… :(´◦ω◦`): あと一つ気になったのは、理子に向けて「ツッパるのはやめておけ」というセリフが使われるのは『今日から俺は』のオマージュ?行成さん、他も読むから、この続編も書いて下さい♡ …続きを読む
    みどり虫
    2020年09月24日
    154人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品