試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
236
ISBN:
9784041094051

ほたる茶屋 千成屋お吟

  • 著者 藤原 緋沙子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
236
ISBN:
9784041094051

想いと想いを繋ぐ、そのお役、承ります。人情味溢れる時代小説。

「あの子を救ってください……」

日本橋で御府内のよろず相談を引き受ける『千成屋』の女将・お吟は、会津からやって来た客を伴い『ほたる茶屋』にやってきた。お吟が神田川の水際の蛍に視線を走らせていると、茶屋の女将のおふさと幸助と呼ばれる店の若い衆の声が聞こえてきた。幸助が突然店を辞めさせてくれというのだ。おふさは、前科者だった幸助を店に受け入れ、家族のように接してきたという。店を出た幸助は何か事件に巻き込まれ、再び悪の道に戻ろうとしているのか。おふさの切なる願いを聞いたお吟は、幸助を助けるために奔走する。(「ほたる茶屋」より)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品