試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
236
ISBN:
9784041094051

ほたる茶屋 千成屋お吟

  • 著者 藤原 緋沙子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
236
ISBN:
9784041094051

想いと想いを繋ぐ、そのお役、承ります。人情味溢れる時代小説。

「あの子を救ってください……」

日本橋で御府内のよろず相談を引き受ける『千成屋』の女将・お吟は、会津からやって来た客を伴い『ほたる茶屋』にやってきた。お吟が神田川の水際の蛍に視線を走らせていると、茶屋の女将のおふさと幸助と呼ばれる店の若い衆の声が聞こえてきた。幸助が突然店を辞めさせてくれというのだ。おふさは、前科者だった幸助を店に受け入れ、家族のように接してきたという。店を出た幸助は何か事件に巻き込まれ、再び悪の道に戻ろうとしているのか。おふさの切なる願いを聞いたお吟は、幸助を助けるために奔走する。(「ほたる茶屋」より)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ほたる茶屋 千成屋お吟」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 千成屋を営むお吟さんが好いです。よろず相談のあれこれ・・タイトル作含む連作4話。お吟さんの行方不明のご主人のことも気になるが、それはきっとこれから徐々に進展があるのだろう。藤原作家の新しいシリーズ次も 千成屋を営むお吟さんが好いです。よろず相談のあれこれ・・タイトル作含む連作4話。お吟さんの行方不明のご主人のことも気になるが、それはきっとこれから徐々に進展があるのだろう。藤原作家の新しいシリーズ次も楽しみにしたい。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年06月19日
    159人がナイス!しています
  • お吟さん、頼もしい人です。きりっとしていて格好いい。 勧善懲悪で分かりやすい展開。お伊勢参りに出たまま消息を絶っている亭主 清兵衛の手掛かりがちらっと出てきたので、続編があるのだろう。それにしても、こ お吟さん、頼もしい人です。きりっとしていて格好いい。 勧善懲悪で分かりやすい展開。お伊勢参りに出たまま消息を絶っている亭主 清兵衛の手掛かりがちらっと出てきたので、続編があるのだろう。それにしても、このご時世、ハードカバー・ページ数230で価格は1980円。文筆業界格差。 …続きを読む
    kei302
    2020年07月09日
    39人がナイス!しています
  • 相談を請け負う「千成屋」を営むお吟さんが凛としていて魅力的でした。人探しなど頼まれ事は全て受け入れ、亡き父の下で働いていた興之助と千次郎も若さを見せつつもお吟を支える姿も良かった。伊勢詣りの途中で消え 相談を請け負う「千成屋」を営むお吟さんが凛としていて魅力的でした。人探しなど頼まれ事は全て受け入れ、亡き父の下で働いていた興之助と千次郎も若さを見せつつもお吟を支える姿も良かった。伊勢詣りの途中で消えた旦那の事も気になるので続編もあればいいな。 …続きを読む
    フキノトウ
    2020年07月30日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品