ステップファミリー 子どもから見た離婚・再婚

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040823676

ステップファミリー 子どもから見た離婚・再婚

  • 著者 野沢 慎司
  • 著者 菊地 真理
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040823676

再婚家族で起こる虐待の悲劇。

それは、「正しい親」幻想が原因だった!
第一線の家族社会学者による、「家族観」を一新する衝撃報告!

「親になろうとしてごめんなさい」。ある幼女虐待死事件の裁判
で、継父の被告が発した言葉はすべてを象徴していた。“ステッ
プファミリー= 再婚者の子がいる家族” では、継親の善意が子
どもを追いつめやすい。「親代わり、良い親にならなければいけ
ない」。日本の伝統といえる家族観が親も子も不幸にしている。
現実を受け止めた先に見える、親子が幸福に生きる“家族の形”。

●継父を「パパ」と呼ばせても、
子どもは何年たっても、新しい父とは思わない。
● 実母が子どもに失望される瞬間は、
継父との「親子」喧嘩にあった。
● 2組の親子の生活空間を分け、
みんなが安心できる再婚家族づくりに成功。

社会が子どものセーフティーネットを創り直し、
多様な家族が“子ども中心”に幸せな暮らしを築くための、最良の処方箋!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 家族の悲劇をどう読むか――虐待事件の背景にある離婚・再婚
第二章 離婚・再婚の変化と「ふつうの家族」
第三章 「ふたり親家庭」を再建する罠 
第四章 世帯を超えるネットワーク家族へ
第五章 ステップファミリーの未来へ――どのような支援と制度が必要か

メディアミックス情報

NEWS

「ステップファミリー 子どもから見た離婚・再婚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 20万5972人。これは、2019年に親の離婚を経験した未成年の子どもの数だ。予想以上に多い。もちろん親が再婚して幸せな暮らしを送れるようになった子どももおり、親の離婚が子どもを不幸せにすると一概には 20万5972人。これは、2019年に親の離婚を経験した未成年の子どもの数だ。予想以上に多い。もちろん親が再婚して幸せな暮らしを送れるようになった子どももおり、親の離婚が子どもを不幸せにすると一概には言えない。だが、子どもが継親に虐待されたニュースを見るたびに、なんとも言えない気持ちになる。本書は、昨今のステップファミリーに見られる落とし穴を指摘する。子ども目線の「家族」とは何か、再婚家庭へのアドバイス、法改正への提言もある。また、よりよいステップファミリー関係を築いていくための手引き書にもなる一冊。 …続きを読む
    2021年09月07日
    14人がナイス!しています
  • 結婚してから今までこのことで悩まなかった日はない。いつでもどんな場面でも葛藤がつきまとう。とにかくわたしは周りの理想に応えるために自分を追いつめるのだけはやめようと思う。 結婚してから今までこのことで悩まなかった日はない。いつでもどんな場面でも葛藤がつきまとう。とにかくわたしは周りの理想に応えるために自分を追いつめるのだけはやめようと思う。
    白黒豆黄昏ぞんび
    2021年11月07日
    10人がナイス!しています
  • 題名が知らない概念だと思ったので。繰り返し出てくる「ステップファミリーは『ふつうの』家族であることを周りからも求められ、自分たちも求めるが、『普通の家族』では無いので、そうはなれない」という考え方のが 題名が知らない概念だと思ったので。繰り返し出てくる「ステップファミリーは『ふつうの』家族であることを周りからも求められ、自分たちも求めるが、『普通の家族』では無いので、そうはなれない」という考え方のが衝撃的だった。継父・継母・継子という言い方はなんだか冷たいと思うが、その考えも継子には「ぽっと出の大人を急に親と思え」と強制させることだと書いてあり、私は加害者だったのかと驚いた。 …続きを読む
    ふなこ
    2021年10月31日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品