試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041092972

蝶々殺人事件

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041092972

坂口安吾、絶賛! 金田一耕助ものに続く由利先生シリーズ

原さくら歌劇団の主宰者である原さくらが「蝶々夫人」の大阪公演を前に突然、姿を消した……。数日後、数多くの艶聞をまきちらし文字どおりプリマドンナとして君臨していたさくらの死体はバラと砂と共にコントラバスの中から発見された! 次々とおこる殺人事件にはどんな秘密が隠されているのだろうか。好評、金田一耕助ものに続く由利先生シリーズの第一弾! 表題作他「蜘蛛と百合」「薔薇と鬱金香」を収録。

もくじ

「蝶々殺人事件」「蜘蛛と百合」「薔薇と鬱金香」


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「蝶々殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★ 金田一じゃない横溝の名作を再読。 死体の運搬がどのように行われたを地道に捜査していく様子はまさに『樽』を思わせる。 叙述トリックだが、伏線も沢山張られていて真相を読み取ることも十分可能で ★★★★★ 金田一じゃない横溝の名作を再読。 死体の運搬がどのように行われたを地道に捜査していく様子はまさに『樽』を思わせる。 叙述トリックだが、伏線も沢山張られていて真相を読み取ることも十分可能である。 ラストのサプライズも含め、個人的に横溝作品の中でもトップクラスに好きな作品だ。 ただし表紙のインパクトが強烈なので、レジに持っていく時に恥ずかしいのが難点(笑) …続きを読む
    Kircheis
    2020年05月08日
    195人がナイス!しています
  • 話は面白いと思いますが、論理的な推理ではないなと思いました。この話で一番驚いたのは由利先生の奥さんです。蜘蛛と百合の方が好みでした。 話は面白いと思いますが、論理的な推理ではないなと思いました。この話で一番驚いたのは由利先生の奥さんです。蜘蛛と百合の方が好みでした。
    金吾
    2020年05月14日
    10人がナイス!しています
  • 夏に連続ドラマだと…!?ということで買ってしまいました。私は金田一さんものから入ったので金田一さんと比べてしまうのですが、由利先生は上流階級のスキャンダルをめぐる事件が多いような印象です。表題作他2編 夏に連続ドラマだと…!?ということで買ってしまいました。私は金田一さんものから入ったので金田一さんと比べてしまうのですが、由利先生は上流階級のスキャンダルをめぐる事件が多いような印象です。表題作他2編とも、そういった芸術家とかお金持ちの人達の中の事件でしたね。「蝶々殺人事件」は、動機も中々独特だし、一見無関係な出来事や人物が後々重要なピースであることも分かってとても面白かったです。最後の「薔薇と鬱金香」のラストって…あれなんか知ってる…何だっけ… …続きを読む
    ぷてらん
    2020年04月25日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品