世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた

世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
発売日:
2020年11月13日
商品形態:
電子書籍
ニコカド祭り2020

世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた

  • 著者 永井孝尚
発売日:
2020年11月13日
商品形態:
電子書籍

ビジネスパーソン必携! マーケティングの必読書50冊を1冊にギュッと凝縮

10万部突破!
『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』第2弾

「基本から最新理論までこの1冊でつかめる」
『論点思考』『仮説思考』の内田和成教授(早稲田大学ビジネススクール)推薦!

「マーケティングを知っているのと知らないのでは『素手でモビルスーツと戦う』のと同じである」
元IBMで日本のマーケティングマネジャー第1期生として活躍してきた著者がマーケティング力が上がる50冊を厳選し企業事例を交えながら解説する。
レビットやコトラーといったマーケティングの古典・定番書はもちろん、サブスクリプションやサービスマーケティングといった最新マーケティング理論まで紹介。
「MBAの内容は気になる」「理論は学ばなくてはと思っていても専門書は難しすぎて読めない」「仕事にどう活用できるかが知りたい」といった忙しいビジネスパーソンのために、
理論だけでなく、仕事に役立てるための実践方法を「セブンイレブンの戦略」「Amazonはなぜ実店舗を作ったのか」といったビジネス実例を紹介しながらわかりやすく解説した1冊。

【本書で取り上げる本の一例】
『T・レビット マーケティング論』『コトラーのマーケティング3・0』『ポジショニング戦略』『エスキモーに氷を売る』『ブランディングの科学』『確率思考の戦略論』『ブランド論』『価格戦略論』『顧客体験の教科書』『刺さる広告』『私のウォルマート商法』『サブスクリプション』『カスタマーサクセス』『FACTFULNESS』『限界費用ゼロ社会』

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こういう「まとめ」系の書籍はあまり読まないのだが、なにか惹かれて読んでみた。結果、かなり有意義であった。マーケティングの有名本のエッセンスが素早く把握でき、網羅的にいろいろな概念を知ることができた。ま こういう「まとめ」系の書籍はあまり読まないのだが、なにか惹かれて読んでみた。結果、かなり有意義であった。マーケティングの有名本のエッセンスが素早く把握でき、網羅的にいろいろな概念を知ることができた。またただの紹介ということではなく、著者の咀嚼ですべての本に統一感が出ていると見た。気になる考え方や本がいくつかあったので、深堀りしてみよう。 …続きを読む
    papercut
    2020年11月23日
    2人がナイス!しています
  • マーケティングと聞くと難しいと感じていたが、この本はどんな人にも分かりやすく噛み砕かれて書かれていて、しかも50冊もの名著が1冊に集約されている、非常にコスパのいい一冊だった。デジタル社会で変化しマー マーケティングと聞くと難しいと感じていたが、この本はどんな人にも分かりやすく噛み砕かれて書かれていて、しかも50冊もの名著が1冊に集約されている、非常にコスパのいい一冊だった。デジタル社会で変化しマーケティングが難しくなってきている現代のビジネスパーソンは読むべき一冊であると感じた。新たな発見が沢山あり非常に満足だった。 …続きを読む
    じん
    2020年11月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品