試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月01日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784046047007

地図と読む 新撰組顛末記

  • 著者 永倉新八
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月01日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784046047007

新撰組最強の男、永倉新八が語り遺した本当の新撰組とは……

幕末維新の動乱を閃光のごとく駆け抜けた新撰組。その活動期間は結成から数年程度と短いものであったが、彼らの生き様は今なお人々の心を捉えて離さない。多くの隊士が新時代を見ることなく世を去ったが、なかには明治以降も生き抜いた隊士たちがいた。そのうちの一人、結成時のメンバーにして大幹部として知られる永倉新八は晩年、新聞記者に往時を語り、連載記事として世を騒がせた。それをまとめたのが本書、『新撰組顛末記』である。永倉は何を語り残したのか。その真実がここにある。

*本書は2009年に刊行された『新撰組顛末記』(新人物文庫)を再編集したものです

もくじ

1章 浪士組上洛
2章 新撰組結成
3章 池田屋襲撃
4章 禁門の変
5章 高台寺党粛清
6章 鳥羽伏見の激戦
7章 近藤勇の最期
8章 会津転戦


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

この著者の商品

最近チェックした商品