ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯

ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年06月26日
商品形態:
電子書籍

ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯

  • 著者 小倉 孝保
発売日:
2020年06月26日
商品形態:
電子書籍

サダト、ムバラク、フセイン一族――政官中枢に近づき暗躍した空手家がいた

サダト、ムバラク、フセイン一族――政官中枢に近づき暗躍した空手家がいた

中東で秘密警察や政府要人に空手を指導、外国製品の闇ルート販売とカジノ経営に乗り出す。
命運を賭したビジネスがイラク戦争開戦により頓挫した男は、ナイルに散った……。
200万人に及ぶ“空手の種”を撒いたその光と闇の濃い人生を描くノンフィクション!

1970年、映画「アラビアのロレンス」に憧れシリアに向かった岡本秀樹。空手の稽古を通じて、
アラブ民族に自立への誇りと現地の活気をもたらしていく。稽古を通じ築いた政官中枢との
人脈を生かしエジプト、イラクでビジネスに挑むが、イラク戦争勃発により計画は暗礁に乗り上げる。
すべてを失った彼が、たどり着いた場所とは――。
日本の外務省に徹底的に嫌われながら、灼熱の地でアラブ民族に
“自立の精神”を刻んだ男――構想十八年、国際ジャーナリストが満を持して贈る!

序章   「オカモト」が生まれた日
第一章 取材ビザを求めて(イラク前編)
第二章 空手との出会い(日本編)
第三章 中東の空手家(シリア・レバノン編)
第四章 闇商売に堕ちる(エジプト編)
第五章 最後の賭け(イラク後編)
終章   岡本が遺したもの

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロレンスになれなかった男 空手でアラブを制した岡本秀樹の生涯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中東での空手の普及に尽力した空手家である岡本秀樹の生涯を追った本。中東の政界と太い人脈を築きつつ空手の普及に努めたものの、その中東の政界から報復され、最後は日本で生活保護を受けながら生涯を終える様は痛 中東での空手の普及に尽力した空手家である岡本秀樹の生涯を追った本。中東の政界と太い人脈を築きつつ空手の普及に努めたものの、その中東の政界から報復され、最後は日本で生活保護を受けながら生涯を終える様は痛ましい。 …続きを読む
    やま
    2020年07月25日
    1人がナイス!しています
  • 「常識を生きる人生なんて何が楽しいんですか」の通り破茶滅茶な人生。筆者の岡本を小馬鹿にしたような物言いもある種尊敬からなんでしょう。 (独裁政権ばっかりだけど)おおらかで怪しい魅力のあった時期の中東の 「常識を生きる人生なんて何が楽しいんですか」の通り破茶滅茶な人生。筆者の岡本を小馬鹿にしたような物言いもある種尊敬からなんでしょう。 (独裁政権ばっかりだけど)おおらかで怪しい魅力のあった時期の中東の記述はワクワクした。 …続きを読む
    TK
    2020年08月08日
    0人がナイス!しています
  • 自分が大学武道部にいた経験を鑑みるに、武道をやってると先人らの破天荒な(今日では看過されないであろう)武勇譚を多く聞くものだし、やくざ者と喧嘩したぐらいの話までならまあありそうな話ではあるが、本書が扱 自分が大学武道部にいた経験を鑑みるに、武道をやってると先人らの破天荒な(今日では看過されないであろう)武勇譚を多く聞くものだし、やくざ者と喧嘩したぐらいの話までならまあありそうな話ではあるが、本書が扱う岡本秀樹はスケールが違いすぎる。話半分でも破天荒だが、著者の裏付け調査でどうやら事実らしいということに驚かされる。ただの乱暴者ではなく、勉強の大切さを認識して一時は公認会計士を志し、おそらく語学もそれなりに出来たであろうこと、そして政府高官とうまくパイプをつなぐことなども、まったくただ者ではなく恐れ入る。 …続きを読む
    晴天
    2020年07月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品