試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041091388

人財島

  • 著者 根本 聡一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041091388

異動先は、追い出し部屋ならぬ追い出し島!?

大手人材派遣会社に入社した新入社員の北原は、「人財島」なる施設に出向を命じられる。島へ到着した北原を待っていたのは、「追い出し島」と呼ばれる過酷な強制労働施設だった――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「人財島」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大手人材派遣会社の新入社員の主人公は、生産性の低い人が集められる「人財島」に出向という名目で送られる。カイジのペリカならぬJP(ジンザイポイント)。人財・人材・人在・人罪のランク分けもなされる。非現実 大手人材派遣会社の新入社員の主人公は、生産性の低い人が集められる「人財島」に出向という名目で送られる。カイジのペリカならぬJP(ジンザイポイント)。人財・人材・人在・人罪のランク分けもなされる。非現実な部分やツッコミどころはあるのだけど、SNSやユーチューバー、新型ウイルスにおける人員整理等の現在への風刺、生産性(効率化)と現実社会情勢との乖離が盛り込まれて面白く読了。 …続きを読む
    ma-bo
    2021年01月21日
    77人がナイス!しています
  • 大手人材派遣会社に就職した北原は、新人研修中にある提案をして通称〝人財島〟と言われる離島に出向となる。しかしその島の正体は人を「人罪→人在→人材→人財」と区別しそれぞれの階級に合わせた労働をさせる施設 大手人材派遣会社に就職した北原は、新人研修中にある提案をして通称〝人財島〟と言われる離島に出向となる。しかしその島の正体は人を「人罪→人在→人材→人財」と区別しそれぞれの階級に合わせた労働をさせる施設だった!…ん…待て?どっかで聞いたことがある話だと思ったら、あの超有名なセリフ「キンッキンに冷えてやがる」が聞こえてきそうな場面とか、裏カジノのカラクリを見破って大逆転!なんて場面まであって、コレ〝カイジ〟じゃん!なんて思わずツッコミそうになったが、人間社会とはどう在るべきかの一つの提案がされていてよかった。 …続きを読む
    タルシル・ヨムノスキー
    2021年09月07日
    31人がナイス!しています
  • 「生産性がない」人間が送り込まれて、研修という名のブラック労働を強いられる人財島。いまの日本社会をうまく風刺する面白さがあると同時に、笑い事じゃないな、とも感じる。作中に描かれるえげつない社会問題は、 「生産性がない」人間が送り込まれて、研修という名のブラック労働を強いられる人財島。いまの日本社会をうまく風刺する面白さがあると同時に、笑い事じゃないな、とも感じる。作中に描かれるえげつない社会問題は、一見大げさに描かれているけれど、よく見ると身近にありふれていて、現実の社会が徐々に地獄に近づいていっている。自己責任論に基づいて人を都合よく使い捨てることに対する、著者の方の静かな怒りが伝わってくる。現代日本は「普通」のハードルが上がって、プレッシャーがやたらと強いわりにセーフティネットが弱い社会だよな…。 …続きを読む
    shikada
    2020年09月24日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品