神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者

神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年01月14日
商品形態:
電子書籍

神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者

  • 著者 椎名 蓮月
  • イラスト 駒宮 十
発売日:
2020年01月14日
商品形態:
電子書籍

あやかしに盗まれた兄の魂「わたしが助けるから――」

 両親の海外赴任で、中学生の七尾(ななお)ちあきは獣医の兄とふたり暮らしを始めることになった。
 その住まいに謎の男たち・猫宮十九朗(ねこみやじゅうくろう)と常葉(ときわ)が訪れたとき異変が起こる。彼らの捜していた特別な札の封印が解けてしまったのだ。それは、十二のあやかしが宿る神獣札だった。
 あやかし達はちあきの兄の生命を盗み、街中に散ってしまう。死の危険が迫った兄に、十九朗は自らの命の半分を貸すと決断する。その代わり、ちあきが「札の仮初めの主」となり、あやかしと兄の魂を集めるように要求し――?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神獣札のかりそめ主 十二のあやかしと猫神の契約者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 始まりは微妙だったけどなかなか良かったと思う。スラッと全部集めるのかと思いきやまだ1枚しか集まってない。続編出すのか? しかしまあ、主人公含め全体的に言動が幼すぎる。14歳でまだまだ自立していると言え 始まりは微妙だったけどなかなか良かったと思う。スラッと全部集めるのかと思いきやまだ1枚しか集まってない。続編出すのか? しかしまあ、主人公含め全体的に言動が幼すぎる。14歳でまだまだ自立していると言えないとはいえ、幼すぎるのも論外。ブラコンとシスコンもやりすぎ。常葉と十九郎の主従関係もあんまりだし、常葉は常葉で十九郎甘やかすし。なにより十九郎の態度が子どもすぎる!十も離れてる中二女子に言い負かされる大人ってどうなのよ! 終始そういった部分に苛立ちを感じた。 …続きを読む
    虚と紅羽
    2020年01月14日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品