禍いの大衆文化 天災・疫病・怪異 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年07月28日
商品形態:
電子書籍

禍いの大衆文化 天災・疫病・怪異

  • 編 小松 和彦
発売日:
2021年07月28日
商品形態:
電子書籍

人々が描き、 願ったこととは。託されたイメージと誕生に迫る。

古代から現代に至るまで、大衆もまた作者だった。地震、火事、疫病など様々な集団的経験を経て、恐怖や悲しみを乗り越えるために、人々が創り出したものは何だったのか。
災厄と救いの想像力をヒントに、民衆の心性に迫る。『日本大衆文化史』に続く、大衆文化研究プロジェクトの第2弾!


【執筆参加者】
小松和彦、香川雅信、高橋 敏、福原敏男、高岡弘幸、齊藤 純、横山泰子、香西豊子、川村清志、伊藤慎吾

【内容】
序 疫病と天災をめぐる大衆文化論の試み(小松和彦)
第一章 疫病と怪異・妖怪──幕末江戸を中心に
第二章 疫病を遊ぶ――疱瘡神祭りと玩具
第三章 鯰絵と江戸の大衆文化
第四章 幕末コレラの恐怖と妄想
第五章 風の神送ろッ――説話を紡ぎ出すもう一つの世界
第六章 大蛇と法螺貝と天変地異
第七章 岡本綺堂と疫病――病歴と作品
第八章 近代、サイの目、疫病経験――明治期の衛生双六にみる日常と伝染病
第九章 変貌する災害モニュメント――災害をめぐる記憶の動態
研究ノート 火事・戯文・人名――『仮名手本忠臣蔵』のパロディをめぐって

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「禍いの大衆文化 天災・疫病・怪異」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸時代を中心に、疫病(時勢を反映してかこれがいちばん多い)やその他の禍いに大衆がどう反応したのかをめぐる論集。疱瘡を遊ぶ子供たちや、大地震後に鯰絵でひと儲けした仮名垣魯文、大火をパロディにする落書な 江戸時代を中心に、疫病(時勢を反映してかこれがいちばん多い)やその他の禍いに大衆がどう反応したのかをめぐる論集。疱瘡を遊ぶ子供たちや、大地震後に鯰絵でひと儲けした仮名垣魯文、大火をパロディにする落書など、浮かび上がってくるのは、江戸の民衆のたくましいバイタリティだ。例のアマビエが瓦版を売る方便だったというのも面白い。もっともその裏には風の神送りなど、ブラックな部分も垣間見える。論集なのでひとつひとつのテーマの掘り下げはそれほどではないが、それぞれのテーマをもっと知りたくなった。 …続きを読む
    K.H.
    2022年03月31日
    7人がナイス!しています
  • 江戸時代、\禍いと妖怪\はどう関わってきたのか本。コロナ禍のなかで「アマビエ」という妖怪が流行った事例もある。天災・疫病を妖怪とどう取り入れたか。震災が来るかもしれない不安の心構えは、鯰絵を取り入れる 江戸時代、\禍いと妖怪\はどう関わってきたのか本。コロナ禍のなかで「アマビエ」という妖怪が流行った事例もある。天災・疫病を妖怪とどう取り入れたか。震災が来るかもしれない不安の心構えは、鯰絵を取り入れること。疱瘡※ほうそう(天然痘)を「疱瘡神祭り」という融和的な儀礼や、疫病で遊ぶなどで、江戸の人々の心を安心させていたのではないかとも考える。読んで良かった。 …続きを読む
    koba
    2022年03月13日
    3人がナイス!しています
  • 妖怪学の世界にも流行というものがあって、目下彼岸もコロナ禍の真っ最中だ。アマビエばかりが大きな面をしているが、過去の疫病においても蔓延させる側に回ったり、鎮める側に回ったり、妖怪は様々な形で疫病と関わ 妖怪学の世界にも流行というものがあって、目下彼岸もコロナ禍の真っ最中だ。アマビエばかりが大きな面をしているが、過去の疫病においても蔓延させる側に回ったり、鎮める側に回ったり、妖怪は様々な形で疫病と関わってきたのだ。敢えて言おう、アマビエは姿を絵にかけとは言ったが疫病を封じるとは言っていないし、肝心のコロナを予言していないし、そもそもアマビエの言い伝えなどというものは見つかっていない。「疫病を防ぐ御利益があると言い伝えられている」などという文句を見ても黙って眉を顰めるしかできないのが歯がゆいよ。ほんと。 …続きを読む
    大臣ぐサン
    2021年08月20日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品