そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―

そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙― 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年02月22日
商品形態:
電子書籍

そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―

  • 著者 酒場 御行
発売日:
2020年02月22日
商品形態:
電子書籍

戦死兵の記憶を届ける彼を、人は“死神”と忌み嫌った。胸震わす衝撃の一冊

『今日は何人撃ち殺した、キャスケット』

統合歴六四二年、クゼの丘。一万五千人以上の自国兵を犠牲にして、ペリドット国は森鉄戦争に勝利した。
そして終戦から二年、狙撃兵・キャスケットは陸軍遺品返還部の一人として、戦死した兵士の遺品や遺言をその家族等に届ける任務を担っていた。

兄の代わりに家を支える少女、
恋人を待ち続ける娼婦、
戦争から生き還った兵士。

遺された人々と出会う度に、キャスケットは静かに思い返す――

死んでいった友を、
仲間を、
家族を。

そして、亡くなった兵士たちの“最期の慟哭”を届ける任務の果て、キャスケットは自身の過去に隠された真実を知る。 

選考会に波紋を広げ、第26回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》を受賞した、読む人全ての心揺さぶる圧倒的衝撃作。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2019年電撃大賞選考委員奨励賞受賞作。キャスケット上等兵。敏腕の狙撃兵だった彼だが、今では遺品返還兵として斃れた将兵の遺族に遺品を返還して廻る日々。遺族との対話に、戦場での場面が挿入される構成の連作 2019年電撃大賞選考委員奨励賞受賞作。キャスケット上等兵。敏腕の狙撃兵だった彼だが、今では遺品返還兵として斃れた将兵の遺族に遺品を返還して廻る日々。遺族との対話に、戦場での場面が挿入される構成の連作短編集。戦場では目を背けたくなる場面も描写されるが、それは彼らの今までの生き様が最も発露されるところ。バックボーンをキャスケットが訪れ遺族と関わることで、彼らの人間性が鮮明に浮かび上がっているように感じる。それはキャスケット自身も同じこと。戦争の勇ましさ悲惨さのどちらかに偏ることなく描いているのは巧いと思う。 …続きを読む
    ponpon
    2020年03月04日
    43人がナイス!しています
  • 統合歴六四二年、一万五千人以上を犠牲にクゼの丘で終わった戦争。その終戦から二年、兵士たちの最期の言伝を届ける任務を担っていた狙撃兵・キャスケットが陸軍遺品返還部の一人として遺族たちに会いに行く物語。女 統合歴六四二年、一万五千人以上を犠牲にクゼの丘で終わった戦争。その終戦から二年、兵士たちの最期の言伝を届ける任務を担っていた狙撃兵・キャスケットが陸軍遺品返還部の一人として遺族たちに会いに行く物語。女装して徴兵から逃げた弟、家の事情で娼婦にならざるをえなかった婚約者、精神を病んだことに気づかない息子、蔑まれていることに気づかなかった青年、そして変わってしまった兄官など、戦争が終わっても続く悲哀があって、失われたものの大きさを突き付けられる印象的な物語で、個人的には第二章の金猫さんのエピソードが好きでした。 …続きを読む
    よっち
    2020年04月23日
    31人がナイス!しています
  • 戦争が終わって。行かないで、帰ってきて、と願い願われた人々の、願い通りではない再会の時。それぞれの戸惑いや慟哭や決意がひしひしと伝わってきて胸を衝かれんばかりでした。深く刻まれた傷跡を魔法のように消し 戦争が終わって。行かないで、帰ってきて、と願い願われた人々の、願い通りではない再会の時。それぞれの戸惑いや慟哭や決意がひしひしと伝わってきて胸を衝かれんばかりでした。深く刻まれた傷跡を魔法のように消し去ることはできなくとも、一歩踏み出す明日が今日より少しだけ良い日になって積み重なっていくだろうと、そんな風に思えました。 …続きを読む
    七月せら
    2021年01月11日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品