そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―

そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙― 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年02月22日
商品形態:
電子書籍

そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―

  • 著者 酒場 御行
発売日:
2020年02月22日
商品形態:
電子書籍

戦死兵の記憶を届ける彼を、人は“死神”と忌み嫌った。胸震わす衝撃の一冊

『今日は何人撃ち殺した、キャスケット』

統合歴六四二年、クゼの丘。一万五千人以上の自国兵を犠牲にして、ペリドット国は森鉄戦争に勝利した。
そして終戦から二年、狙撃兵・キャスケットは陸軍遺品返還部の一人として、戦死した兵士の遺品や遺言をその家族等に届ける任務を担っていた。

兄の代わりに家を支える少女、
恋人を待ち続ける娼婦、
戦争から生き還った兵士。

遺された人々と出会う度に、キャスケットは静かに思い返す――

死んでいった友を、
仲間を、
家族を。

そして、亡くなった兵士たちの“最期の慟哭”を届ける任務の果て、キャスケットは自身の過去に隠された真実を知る。 

選考会に波紋を広げ、第26回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》を受賞した、読む人全ての心揺さぶる圧倒的衝撃作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「そして、遺骸が嘶く ―死者たちの手紙―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 終戦から二年経ち狙撃兵だったキャスケットは陸軍遺品返還部の一人として兵士達の遺品と最期の言伝を届ける任務を担っていた。遺族に会い最期の言伝を淡々と語るキャスケットの姿が妙に生々しく想像させられた。まあ 終戦から二年経ち狙撃兵だったキャスケットは陸軍遺品返還部の一人として兵士達の遺品と最期の言伝を届ける任務を担っていた。遺族に会い最期の言伝を淡々と語るキャスケットの姿が妙に生々しく想像させられた。まあ、初っ端のサリマンの話からいきなり泣きそうやったんやけどね。死者の想いそれを受けとる残された者なんとも悲しい事か。そして最後にキャスケット自身の過去はえっと思ってしまったは。ベーゼの優しさがなんとも言えないがお互いに不器用だったよな。 …続きを読む
    アウル
    2020年02月26日
    16人がナイス!しています
  • 凄腕の狙撃兵として戦場を生き抜いたキャスケットの今の役目──それは、亡くなった兵士たちの、最期の言葉を遺族たちへ届けること。 残酷さの中にある、わずかな美しさを掬い上げるような文章がよかった。 特に二 凄腕の狙撃兵として戦場を生き抜いたキャスケットの今の役目──それは、亡くなった兵士たちの、最期の言葉を遺族たちへ届けること。 残酷さの中にある、わずかな美しさを掬い上げるような文章がよかった。 特に二章が好きでした。 \たかが死神如きが、引き離せると思うなよ。\ …続きを読む
    あおやまみなみ
    2020年03月01日
    12人がナイス!しています
  • 良いところは良いが、読み辛かったので作品の中身にいまいち入りきれなかった。 良いところは良いが、読み辛かったので作品の中身にいまいち入りきれなかった。
    ツバサ
    2020年02月25日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品