座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」

座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年12月07日
商品形態:
電子書籍

座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」

  • 著者 出口 治明
発売日:
2019年12月07日
商品形態:
電子書籍

稀代の読書家が、いつも座右に置く中国古典とは?

「僕は毎日、この古典に叱られています」(著者)――

中国は唐の2代皇帝・太宗による統治(貞観時代の政治)の要諦が凝縮された『貞観政要』。

クビライ、徳川家康、北条政子、明治天皇……と時代を超えて、世界最高のリーダー論として読み継がれている古典である。

本書では、稀代の読書家であり、『貞観政要』を座右の書にする著者が、その内容とポイントを、具体的に解説。

全組織人、必読の中国古典。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • リーダー論。諫言してくれる人の重要性がよく分かった。 リーダー論。諫言してくれる人の重要性がよく分かった。
    けやき
    2020年12月10日
    42人がナイス!しています
  • 出口氏の「貞観政要」ガイド。ご自分の経験に照らし合わせて、平明に書かれた組織論・リーダー論です。自分の器の程度や自らの弱さを自覚していたからこそ、ここまで徹底して部下に諫言させる仕組みに拘り、自ら諫言 出口氏の「貞観政要」ガイド。ご自分の経験に照らし合わせて、平明に書かれた組織論・リーダー論です。自分の器の程度や自らの弱さを自覚していたからこそ、ここまで徹底して部下に諫言させる仕組みに拘り、自ら諫言の督促までした太宗の人間的魅力も伝わってきます。トップと言えど、一人の人間、一人分の器などたかが知れていて、その器以上に組織が大きくなることはないと喝破、いっそ新しいものを入れらるようにトップは自らを空にしてしまおうという徹底した役割・機能論も清々しい。歴史に学ぶとはこういうことかと、あらためて納得しました。 …続きを読む
    ワッピー
    2020年06月11日
    33人がナイス!しています
  • 貞観政要を基に組織のリーダーやフォロワーが取るべき行動を解説した一冊。著者の出口氏の意見で「人は器を大きくすることはできないので、その中身(見栄や思い込みなどの欲求や価値観)を捨てることが大事」との話 貞観政要を基に組織のリーダーやフォロワーが取るべき行動を解説した一冊。著者の出口氏の意見で「人は器を大きくすることはできないので、その中身(見栄や思い込みなどの欲求や価値観)を捨てることが大事」との話は貞観政要の内容とともに参考になる。また、「自分の立ち位置を確認し、それに見合った振る舞いを演じ続けていれば、それはやがて、その人の本性になると思います。」も印象的。フォロワーとしては、リーダーではなく組織に仕えるという意識でリーダーに向き合うことで、互いに良い仕事や関係を築けるとの考えは覚えておきたい。 …続きを読む
    Yuma Usui
    2020年06月13日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品