青くて痛くて脆い 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年06月12日
商品形態:
電子書籍

青くて痛くて脆い

  • 著者 住野 よる
発売日:
2020年06月12日
商品形態:
電子書籍

『君の膵臓をたべたい』著者が放つ、青春小説!

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年の春、僕は秋好寿乃に出会った。周囲から浮いていて、けれど誰よりもまっすぐだった彼女。その理想と情熱にふれて、僕たちは二人で秘密結社「モアイ」をつくった。――それから三年、あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。そして、僕の心には彼女がついた嘘がトゲのように刺さっていた。傷つくことの痛みと青春の残酷さを描ききった住野よるの代表作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青くて痛くて脆い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この感情に経験がある。だから主人公楓に共感しすぎて辛い。あの時の私も体に穴が開いてそこが痛くて風が通り抜けていた。空っぽだった。友人にも見放された。お互い傷つき、自分のやった事を後悔している。それは古 この感情に経験がある。だから主人公楓に共感しすぎて辛い。あの時の私も体に穴が開いてそこが痛くて風が通り抜けていた。空っぽだった。友人にも見放された。お互い傷つき、自分のやった事を後悔している。それは古傷となったけど、その痛みをどこかに抱えたまま生きていかなきゃいけないんだ。どこかで分かり合える、なんて甘えだ。「「その人のことが嫌いだったわけじゃありません。むしろ尊敬していたからこそ、その人の行動が自分から見て間違ったものに見えると、正してやろうだなんて、自分勝手なことを思ってしまった結果でした。(略)」」 …続きを読む
    ソルティ
    2020年07月17日
    294人がナイス!しています
  • 客体だった生徒から主体の学生となった大学生の物語。不条理な社会への反発から、彼らは理想的な自由や正義を抱く。同じ正義感を共有する主人公と女子学生が始めたサークル。いつしか多数の学生が参加する巨大組織へ 客体だった生徒から主体の学生となった大学生の物語。不条理な社会への反発から、彼らは理想的な自由や正義を抱く。同じ正義感を共有する主人公と女子学生が始めたサークル。いつしか多数の学生が参加する巨大組織へ成長する。それは不正義だと忌避したはずの不条理な社会集団だと主人公は違和感を覚える。そして主人公はサークルへの攻撃を。主人公がもつ正義感は、強い内向性から利己しか見えない自己正義へ。利他はおざなりに。そして、大切なものを失う。ある種の純粋さをもつ青年期。理想と現実の矛盾に苦悩する貴重な時期を表題通りに描く。 …続きを読む
    ろくせい
    2020年07月18日
    227人がナイス!しています
  • ★☆☆☆☆20074【青くて痛くて脆い(住野 よる さん)】人と深く関わる事を避けてきた男子大学生が主人公。彼は大学1年のときに、ちょっと変わってるけど筋の通った性格の女子と出会って二人で秘密結社モア ★☆☆☆☆20074【青くて痛くて脆い(住野 よる さん)】人と深く関わる事を避けてきた男子大学生が主人公。彼は大学1年のときに、ちょっと変わってるけど筋の通った性格の女子と出会って二人で秘密結社モアイというものを立ち上げます。その後、時間が経過しての話になるんですけど、色々と気になったものの、もう一発,二発『お?』っという展開が欲しかったですね。期待が大き過ぎた分、辛口に〜。というわけで読み切るのに時間かかりました〜。青過ぎた!●Y字路が有りなら丁字路はT字路だろ!●当方、お節介焼きの女性って好きぃ〜! …続きを読む
    相田うえお
    2020年07月16日
    114人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品