家族遺棄社会 孤立、無縁、放置の果てに。

家族遺棄社会 孤立、無縁、放置の果てに。 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年08月10日
商品形態:
電子書籍

家族遺棄社会 孤立、無縁、放置の果てに。

  • 著者 菅野 久美子
発売日:
2020年08月10日
商品形態:
電子書籍

親を捨てたい子、子を切りたい親・・・。現役世代にも多い孤立の実態。

孤立・孤独者1000万人の時代。しかも実は現役世代の男性に多くみられる孤立者。けっして人ごとではない。ふつうの人が突然陥る現実をリアルに取材。
一人ひとりの身の上に襲い掛かろうとしている「家族遺棄社会」の真実(リアル)と、そんな日本社会に懸命に向き合う人々の実態に迫る衝撃のノンフィクション!
一人で死ぬのは、決して美学ではない。大切なのはちょっとしたつながり。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「家族遺棄社会 孤立、無縁、放置の果てに。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 親を捨てたい人々、捨てられた家族のその先、民間の終活団体LMN、親の後始末を手掛ける家族代行サービスのルポ。胸が痛むようなインタビュー、いろいろな意見や考えがあると思うが、現実には需要があるのだ。《ヤ 親を捨てたい人々、捨てられた家族のその先、民間の終活団体LMN、親の後始末を手掛ける家族代行サービスのルポ。胸が痛むようなインタビュー、いろいろな意見や考えがあると思うが、現実には需要があるのだ。《ヤマアラシのジレンマ》著者はコロナで孤立が深刻化すると警鐘を鳴らす。使命感で事故物件のお祓いをする神主、墓じまいと石材店の葛藤(墓は迷惑をかけるもののイメージ)自分が想像していたよりも、社会は深刻だった。 …続きを読む
    ゆりのき
    2020年10月09日
    19人がナイス!しています
  • 血縁が少なくなり、関係性も薄くなるなかで孤独死は増加。孤独は人を蝕み、自身で自身を痛めつける(セルフネグレクト)ようになる。家族がいても助けを求めない、関わりを拒否する人も増えている。しんどいときに周 血縁が少なくなり、関係性も薄くなるなかで孤独死は増加。孤独は人を蝕み、自身で自身を痛めつける(セルフネグレクト)ようになる。家族がいても助けを求めない、関わりを拒否する人も増えている。しんどいときに周りに助けを求めないと、福祉関係者もその存在を見つけられない。特殊清掃員、家族代行業の終活団体、事故物件専門のお祓い神主といった人たちが直面している現場の凄まじさ、近年の動向を知ると、これからの日本がいい方向に進んでいくとは思えない。今の状況で自助共助を強調すればもっと助けを求めづらくなるのでは、と感じる。 …続きを読む
    たっきー
    2020年09月30日
    7人がナイス!しています
  • Twitterでは無礼な人に怒ったり、優しい行いに賛同したりと、日本人が冷たくなったってホント?と思うけど、ネットで優しいことを呟くことと、実際に体を動かして支援することは、天と地ほども違う。「嫌なこ Twitterでは無礼な人に怒ったり、優しい行いに賛同したりと、日本人が冷たくなったってホント?と思うけど、ネットで優しいことを呟くことと、実際に体を動かして支援することは、天と地ほども違う。「嫌なことを我慢しなくていい」とよく言われるが、これも肉親を棄てることに罪悪感を感じなくなる。ま、それでいいじゃない。自分が孤独死してもいいよ。周りの人に迷惑がかかるのは嫌だから、出来るだけのことはしようと思う。この本で奮闘している人たち、すごいよ。尊敬する。 …続きを読む
    みのにゃー
    2020年08月22日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品