ヒトの言葉 機械の言葉 「人工知能と話す」以前の言語学

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040823485

ヒトの言葉 機械の言葉 「人工知能と話す」以前の言語学

  • 著者 川添 愛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040823485

私たちは本当に、「意味」が分かっているのか

AIが発達しつつあるいま、改めて「言葉とは何か」を問い直す――

AIと普通に話せる日はくるか。
人工知能と向き合う前に心がけるべきことは。
そもそも私たちは「言葉の意味とは何か」を理解しているか。

理論言語学出身の気鋭の作家が、言葉の「不思議」と「未解決の謎」に迫る

(目次)
第一章 機械の言葉の現状
第二章 言葉の意味とは何なのか
第三章 文法と言語習得に関する謎
第四章 コミュニケーションを可能にするもの
第五章 機械の言葉とどう向き合うか

もくじ

第一章 機械の言葉の現状
第二章 言葉の意味とは何なのか
第三章 文法と言語習得に関する謎
第四章 コミュニケーションを可能にするもの
第五章 機械の言葉とどう向き合うか

メディアミックス情報

NEWS

「ヒトの言葉 機械の言葉 「人工知能と話す」以前の言語学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者はAI開発に携わった言語学者。翻訳や対話、文章執筆など、AIの言語理解に関する通俗的な誤解を解きほぐしてゆく。数値を入力すると別の数値に変換して出力する関数であるAIは、言葉を理解していると言える 著者はAI開発に携わった言語学者。翻訳や対話、文章執筆など、AIの言語理解に関する通俗的な誤解を解きほぐしてゆく。数値を入力すると別の数値に変換して出力する関数であるAIは、言葉を理解していると言えるのか。ニューラルネットワークのパラメータが膨大・複雑で、AIがなぜそのように振る舞うのか実のところわからないブラックボックス問題というのがある。つまり、間違いを犯したとき、その原因を突き止めにくいわけである。そもそも、ヒトが言語を理解するメカニズムそのものが、実のところよくわかっていないという。良書。 …続きを読む
    かんやん
    2021年06月01日
    28人がナイス!しています
  • AIによる会話は膨大なデーターから法則性を見つけ出し、機械学習によって次はこの言葉がつながると言う確率に基づくものである。 一方人間も言葉の意味と言うものを完全に定義付けする事はできていない。説明でき AIによる会話は膨大なデーターから法則性を見つけ出し、機械学習によって次はこの言葉がつながると言う確率に基づくものである。 一方人間も言葉の意味と言うものを完全に定義付けする事はできていない。説明できない能力を使ってコミニュケーションをとっている。このことを解明することができればAIも人間と同じように思考することができるのだろう。ダチョウ倶楽部の絶対に押すなよのネタが真面目に解説されていたのには笑ってしまった! …続きを読む
    どんたこす
    2021年02月14日
    28人がナイス!しています
  • 学習した覚えなどなくあたりまえのように身につけている言語とそれを用いた会話。人工知能を相手にして人間同士のような会話ができる日はやってくるのか。会話には曖昧な部分がたくさんあって、同じ言葉でもそれを発 学習した覚えなどなくあたりまえのように身につけている言語とそれを用いた会話。人工知能を相手にして人間同士のような会話ができる日はやってくるのか。会話には曖昧な部分がたくさんあって、同じ言葉でもそれを発した人間によって意味合いが変わる場合もあるし、顔つきや言葉つきで言葉とは逆のことを思っているのだろうなと解ってしまう(大抵はわざと解らせようとしているのだろうけれど)場合もある。AI開発の難しさなんてぼくには想像もつかないけれど大変だよなあ。会話って適当でファジーな部分がないと成り立たないんだな。 …続きを読む
    テツ
    2021年02月18日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品