探偵はもう、死んでいる。

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040641966

関連作品有り

探偵はもう、死んでいる。

  • 著者 二語十
  • イラスト うみぼうず
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040641966

第15回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作

高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。
「君、私の助手になってよ」
――始まりは四年前、地上一万メートルの空の上。
ハイジャックされた飛行機の中で、俺は天使のような探偵・シエスタの助手に選ばれた。
それから――
「いい? 助手が蜂の巣にされている間に、私が敵の首を取る」
「おい名探偵、俺の死が前提のプランを立てるな」
俺たちは三年にもわたる目も眩むような冒険劇を繰り広げ――そして、死に別れた。
一人生き残った俺は、日常という名のぬるま湯に浸っている。
……それでいいのかって?
いいさ、誰に迷惑をかけるわけでもない。
だってそうだろ?
探偵はもう、死んでいる。

メディアミックス情報

NEWS

「探偵はもう、死んでいる。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • TVアニメを観た機会に、原作小説を読んでみた。ミステリ風な枠組みであるが、その実はアクションあり、異能バトルありのごった煮エンターテイメント。面白ければ何でもありな、ライトノベルならではの楽しさに満ち TVアニメを観た機会に、原作小説を読んでみた。ミステリ風な枠組みであるが、その実はアクションあり、異能バトルありのごった煮エンターテイメント。面白ければ何でもありな、ライトノベルならではの楽しさに満ちている。テンポよく事件が起こるし奔放に展開。女性キャラが次々と登場するのも、ラノベならではの魅力。その中でもタイトルどおり、すでに死んでいるはずのヒロイン・シエスタに存在感があり、彼女の活躍が印象に残る。一冊まとめて読むとシチュエーションが豊富で驚きが多いので、得した気がした。追ってシリーズを読んでいきたい。 …続きを読む
    海猫
    2021年07月18日
    111人がナイス!しています
  • 主人公格またはその真の相棒は既に亡くなっていて、その衣鉢を新しい仲間と共に継ぐ物語。悪の組織「SPES」(スペースと読むようだ)が、改造人間を送り込んで来る所は往年の変身シリーズを期待してしまうんだけ 主人公格またはその真の相棒は既に亡くなっていて、その衣鉢を新しい仲間と共に継ぐ物語。悪の組織「SPES」(スペースと読むようだ)が、改造人間を送り込んで来る所は往年の変身シリーズを期待してしまうんだけど、主人公が変わるようなシーンは無し。少女達の特異な部位がピンチになると力を発揮するという趣向だが、それほど役に立ったとは思えない。ごめんなさい、のめり込む要素が見つけ出せませんでした。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2020年08月23日
    93人がナイス!しています
  • 探偵が死んでしまった後から始まるミステリであり、冒険活劇であり、ファンタジーであり、ちょっぴりラブコメ。様々な要素が贅沢に盛り込まれたエンターテインメント作品で、評判に違わぬ面白さでした。楽しさの一方 探偵が死んでしまった後から始まるミステリであり、冒険活劇であり、ファンタジーであり、ちょっぴりラブコメ。様々な要素が贅沢に盛り込まれたエンターテインメント作品で、評判に違わぬ面白さでした。楽しさの一方で登場人物たちはみな心に欠けたところがあるという少し重めの面も魅力的。そんな彼らが寄り添って補い合い、喪失を抱え停滞していた者は再起し、自分を持たないものは己を見出す、という展開がとても良かった。探偵の死の真相とともに登場人物たちがこれからどう活躍していくのかが気になりますね。今後の展開が大いに楽しみです。 …続きを読む
    芳樹
    2021年03月10日
    60人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品