トピックス

5月はあの大人気ボカロ曲のノベライズが新登場! 「MUSICノベルフェア」プレゼント情報も! MF文庫J 5月新刊は5月25日(木)発売!!

2023年5月のMF文庫J新刊発売日がやってまいりました!
今月は、昨年リリースし瞬く間にミリオンを達成した大人気ボーカロイド曲のノベライズ作品『ド屑』と、4月25日(火)より開催中のフェアの情報をご紹介します!

まずは『ド屑』からご紹介します! 大学生の霞(かすみ)は、容姿も能力も全てにおいて恵まれ、女子に手を出すことも容易くやってのける真性のクズである。そんな彼はある日、高校時代のクラスメイト・雲母(きらら)と再会し、いつものように雲母を口説いた。おかげで雲母から一方的な想いを受けとるようになったが、クズである霞はそんな彼女が疎ましくなり、粗雑に扱った挙句酷い口実で別れを切り出した。しかし彼に待ち受けていたのは思ってもみない展開で――。想像を超えた「ド屑」さをぜひ一度ご覧ください!
続いて、4月25日(火)より開催中の『MUSICノベルフェア』のご紹介です!
フェア帯についた応募券を2枚集めて応募すると、MF文庫Jの『オリジナルギターピックセット』が抽選で50名様に当たります! 応募は5月31日(水)まで! お忘れなく!
詳細は特設ページをCHECK! https://mfbunkoj.jp/blog/event/entry-10459.html
その他にも、TVアニメ2期制作が決定している『探偵はもう、死んでいる。』や、同じくアニメ化が決定している新文芸『佐々木とピーちゃん』、人気アーティスト・Eve発の『いのちの食べ方』の最新作など、注目作品が盛りだくさん!
MF文庫J、5月新刊は5月25日(木)発売です!

♦MF文庫J公式サイトはこちら https://mfbunkoj.jp/

♦5月新刊ラインナップはこちら
【新シリーズ!】
ド屑


原作・監修:なきそ
著者:五月什一
イラスト:鮫島ぬりえ


〈「なんだ、そんなもんか」――あの『ド屑』から生まれた衝撃の問題作!〉
恵まれた容姿と能力で青春を謳歌する大学生・霞(かすみ)。そんな彼がキャンパスで再会を果たしたのは、かつて友人の智也(ともや)との他愛のない会話で話題にした高校時代のクラスメイト・雲母(きらら)だった。普段の遊び友達の女子と同様の手口で雲母を口説き、雲母からの一方的な想いを受けるようになった霞。徐々にそんな彼女が疎ましくなり、粗雑に扱うようになり、酷い口実で別れを切り出した彼を待ち受けていたもの――それは真性のクズである彼が予想もしていなかった衝撃的な雲母の真実。そして、彼が考えたことすらないある人物の暗躍だった。だから、ねえ、ホンモノの「ド屑」を今、見せてあげる。

定価704円(本体640円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/dokuzu/322301000870.html

ゾンビ世界で俺は最強だけど、この子には勝てない2


著者:岩波零
イラスト:TwinBox


〈終末世界で贈るイチャイチャ×ラブコメ第二弾!〉
ゾンビウイルスに耐性を持つ高校生の幸坂優真は、噛まれてしまった月城舞のゾンビ化を防ぐため、彼女と定期的にキスすることになった。
そんなある日、生存者である2人の女子大生と遭遇。彼女たちにはゾンビ化のことを隠そうとするが、キスする姿を目撃され、優真と舞は恋人の振りをすることに。
しかし、本物の恋人である日向晴夏はそれが面白くなく……。
「これは、わたしたちの関係を、体に教え込む必要がありそうですね……!!」
「な、何をするつもりだ!?」
「……わ、わたしのおっぱい……揉んでも、いいですよ……」
ゾンビ世界で奇妙な三角関係に悩まされる、極限状態ラブコメ第2弾!

定価726円(本体660円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/zonbisekaide/322301000874.html

Lie:verse Liars 俺たちが幸せになるバッドエンドの始め方2


著者:鳳乃一真
イラスト:あるてら
原作:Liars Alliance


〈真実と偽り――どちらが正しいと言えるだろうか。〉
《偽獣》たちが若者を攫って構築する《偽世界》。特殊な能力に目覚めた《覚醒者》は、その被害者たちを救出するべく、日々《偽世界》の脅威に挑み続けていた。
その中の一人、覚醒者クラン『B.E.』に所属する妃泉真白は、日常と非日常の狭間で彷徨っていた。本当の自分は、正しい自分はどちらなのか――その答えを探し求め、彼女は今日も運命と幻想の自分に問いかける。
一方、灰空たちは、クランマスターの真鏡焔から難航している『特殊偽世界事件』を引き継いで解決するよう求められた。それは“被害者が存在しない”という《偽世界》で――?

定価748円(本体680円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/lieverse_liars/322301000868.html

義理の妹と結婚します2


著者:鈴木大輔
イラスト:遺伝子ひな


〈義妹(いもうと)愛120%!元・お嬢様なギャルとイチャラブ同居生活!〉
新学期を迎えた我が義妹・近衛トーコの日常は大忙し。
生徒会の勝負に巻き込まれたり、本物のギャルに弟子入り(?)したり。
それに加え、我が家では料理当番についての重大な問題も発生。
俺たちはお互いの欠点を補い合うべく、”二人羽織”で料理することに。
「さあフィニッシュだ。『中と外』どっちに出す?」
「……おしょうゆの話ですよね?」
そんなある夜。俺こと松原タクローとトーコは、初めてベッドを共にしたのだが――!?
-∞から始まった義妹の好感度はなんやかんやで上昇中?
見た目は完璧、中身はポンコツお嬢さまな義妹への愛が止まらない!義妹LOVE120%ラブコメ第二弾!

定価748円(本体680円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/girikon/322301000866.html

いのちの食べ方3


原作・プロデュース:Eve
著者:十文字青
イラスト:lack


〈「つぎラノ大賞2022」文庫1位!Eve原作&プロデュース第3弾!〉
「僕と一緒に来るかい、飛(とび)?」
思いがけない兄・潟(せき)との再会。望んでいた兄からの言葉。しかし、どうして兄がここにいるのか。彼は本当に弟切飛の兄なのか。あの頃の兄と同一人物なのだろうか。答えを出せない飛。混乱が去っても、いくつもの人外が絡む事件に巻きこまれた飛と龍子(りゅうこ)の日常はもう戻らない。そんな二人に、萌日花(もにか)が所属する組織の男・ハイエナが重大な提案を持ちかけてくる。大きく動きだす飛と龍子の運命。
それぞれの決断。彼らが向き合う現実と非日常、「人」と「人外」を巡る冒険、「いのち」が「いのち」を食べる物語の転換点――!

定価726円(本体660円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/inochinotabekata/322301000869.html

恋は暗黒。3


著者:十文字青
イラスト:BUNBUN


〈ラブコメと死の間を彷徨う日常は、唐突に崩壊する。〉
高良縊想星は同級生の羊本くちなに窮地を救われた。その礼を言わなければならない、と始めた手紙は、白森明日美、茂江陽菜、林雪定の三人を巻き込み交換日記に発展する。
初めての交換日記を楽しんでしまったくちなは、楽しいことが苦痛で仕方ない。自分のその考え方の背後には全人会の長である大御影宮古彦がいることを知る彼女は、友人との交流か、あるいは平和か、二つを天秤にかけた選択を迫られる。
さらに、想星の仕事にも不穏な影が。情報は漏れていないはずなのになぜか仕留めきれない犯罪者集団の長。任務を妨害するように出現する、謎の全裸鋼鉄男。ちょっぴりダークなラブコメ、第三弾。

定価770円(本体700円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/koikuro/322212001144.html

探偵はもう、死んでいる。9


著者:二語十
イラスト:うみぼうず


〈「帰ってこい。俺たちのところに」〉
世界の危機を救うべく再び名探偵の助手となった俺・君塚君彦は、失われた人類の記憶を修復する旅に出ていた。
そうして情報屋に続いて巫女の見つけた《聖遺具》と呼ばれる祭具を用いて、過去のとある世界の危機を検証することになるのだが――
「吸血鬼の反乱はオレが防ぐ。お前たちは手を出すな」
それはあまり思い出したくない吸血鬼・スカーレットに屈した敗北の記憶。
さらに当時は知ることさえ叶わなかった壮絶な真実までもが明らかになり――
「よければ聞いてほしい。ある男が生きて戦い抜いた日々の話を」
これは世界に隠された謎に挑む探偵たちの冒険譚。
そして――世界の理不尽に最後まで抗った吸血鬼の王の物語だ。

定価726円(本体660円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/tantei_dead/322303000121.html

佐々木とピーちゃん 7 疑似家族、結成! ~温かな家庭を夢見る末娘と、てんでバラバラな家人たち~


著者:ぶんころり
イラスト:カントク


〈日常回と見せかけて、決して楽はできないアラフォー男と文鳥賢者の奮闘記!〉
ここしばらく空に浮かんでいた未確認飛行物体、その正体は正真正銘の宇宙人だった。
自らを機械生命体だと名乗る人型ロボット(佐々木命名:十二式)とは、互いの立場を巡ってひと悶着。結果的に家族ごっこなる行いに興じる羽目となる。
地球の文化文明に価値を見出しつつある十二式と、彼女をどうしても母星に送り返したい佐々木と二人静。
駆け引きの場を家庭内に移して、表向きは家族ごっこを演じつつも、佐々木たちは地球の平和を守るべく奮闘することになる。
すると時を同じくして、天使と悪魔の代理戦争にも進展が。
得体の知れないウェブサイトから、離島にてデスゲーム開催のお知らせ。
日常回と見せかけて、決して楽はできないアラフォー男と文鳥賢者の奮闘記、第七巻!

定価1,430円(本体1,300円+税)

MF文庫J公式サイト書誌ページはこちら https://mfbunkoj.jp/product/sasaki_pichan/322209000043.html