異修羅II 殺界微塵嵐 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年03月17日
商品形態:
電子書籍

異修羅II 殺界微塵嵐

  • 著者 珪素
  • イラスト クレタ
発売日:
2020年03月17日
商品形態:
電子書籍

全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。逸脱の武力と知謀がここに集う。

圧倒的な力をもつ修羅達の戦闘により凄惨な破滅を迎えた新魔王戦争。
しかし、世界にはまだ時代を変革しうる逸脱の存在がある。
無限に再生し蘇るたび自身の死因を克服するゴーレム、超長距離から地形ごと壊滅させる巨人の弓兵、巻き込んだ全てを微塵へと変える砂嵐……。
能力や種族の頂点を極めた修羅達と、それを利用すべく謀略を張り巡らす者達が一点に集う時、宿命と吉兆が交差する殺界が現出する。
全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。“本物”を決める死闘がここにある。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異修羅II 殺界微塵嵐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ハルゲントおじさんの出番がないじゃないかと読み進めていたら最後の最後できっちりビッグディールを決める場面が最高におじさんの見せ場でほんと好きになってしまう。巨人にヴァンパイアクイーンにロボにとびっくり ハルゲントおじさんの出番がないじゃないかと読み進めていたら最後の最後できっちりビッグディールを決める場面が最高におじさんの見せ場でほんと好きになってしまう。巨人にヴァンパイアクイーンにロボにとびっくり箱のように次から次に格の高い演出で修羅達が登場し全場面に異様なまでの緊迫感が漲っているのは流石で、ロスクレイの強さや性格のように妙にツボを突いてくる仕掛けやクウロとキュネーの関係など全編余すところなく楽しめる完成度の高いエンタメで続刊が待ち遠しい一冊 …続きを読む
    おむえむ
    2020年04月03日
    2人がナイス!しています
  • 好き過ぎてろくなレビューが書ける気がしない。web既読どころか繰り返し読みまくっているけど、追記すごすぎて買うしかないのは確かだ。今回は微塵嵐が動いた理由のところと、戒心のクロトの参戦が新しい流れか。 好き過ぎてろくなレビューが書ける気がしない。web既読どころか繰り返し読みまくっているけど、追記すごすぎて買うしかないのは確かだ。今回は微塵嵐が動いた理由のところと、戒心のクロトの参戦が新しい流れか。クロト……! ゲストキャラでいてほしかったよ……! 田舎に引きこもって妖精ちゃんと静かに余生を過ごせばいいじゃない……! あとトロアが善良さを前面に出してくる描写と、キヤズナのキャラクター描写が明確になったのもwebと比べてよかった。あっ、ハルゲントの冒険は何度読んでもいいです。 …続きを読む
    gentleyellow
    2020年03月23日
    2人がナイス!しています
  • 1巻の10倍くらい面白かった。前半の修羅紹介パートは後半への土台作りで、メレ・クウロ・トロア・キヤズナ&メステルエクシルのエピソードが好み。そして後半の微塵嵐と修羅たちの戦いは本当に面白かった。それぞ 1巻の10倍くらい面白かった。前半の修羅紹介パートは後半への土台作りで、メレ・クウロ・トロア・キヤズナ&メステルエクシルのエピソードが好み。そして後半の微塵嵐と修羅たちの戦いは本当に面白かった。それぞれの立場、それぞれの戦い方で微塵嵐に挑む姿は手に汗握ったし、ハラハラし通し。ある修羅の参戦が分かった瞬間には思わずガッツポーズするほど熱かった。熱い展開の連続の中、281〜289ページでの展開は挿絵含め本当に最高だった。様々な思惑・知略謀略渦巻く中、これでもまだ本題の六合上覧は始まってすらいないとは恐ろしい。 …続きを読む
    クロノ
    2020年03月20日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品