第三帝国 ある独裁の歴史

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
264
ISBN:
9784040823409

第三帝国 ある独裁の歴史

  • 著者 ウルリヒ・ヘルベルト
  • 訳 小野寺 拓也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
264
ISBN:
9784040823409

ヒトラーは東欧をいかに改造したか?

統治の全貌が明らかに。
世界最高峰、最新研究を踏まえた入門書、ついに邦訳!

国民懐柔のために東欧は生贄にされた。

第二次世界大戦の最中、金と資源の確保に追われたドイツ帝国は、植民地を徹底的に収奪し、捕虜の労働力利用も進める。
ドイツ本国で760万人の外国人労働者は差別的待遇を受け、共同体維持のガス抜きにもされた。
ヒトラーは領土を、国民をいかに支配したのか? 
その統治の手法と欠陥を白日の下に晒す。

・ポーランドを蹂躙し、全土を軍需物資と食糧の生産場とした。
・数百万人のポーランド人をドイツ本国へ移送し、底辺労働者として工場や農場で使役した。
・巨額の国民貯蓄を秘密裏に活用したが、戦争末期には正規国家財源で歳出の10%しかまかなえなかった。

もくじ

第一章 第二帝政と第三帝国/第二章 第一次世界大戦後/第三章 ヴァイマル共和国の右派/第四章 ナチスによる権力掌握/第五章 迫害/第六章 経済と社会/第七章 拡張/第八章 戦争へ/第九章 戦争の第一段階―一九三九~四一年/第十章 暴力の爆発/第十一章 バルバロッサ/第十二章 絶滅政策/第十三章 戦争と占領/第十四章 戦時下の民族共同体/第十五章 ドイツ国内での抵抗/第十六章 終焉/第十七章 おわりに

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品