帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
296
ISBN:
9784040823348

帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる

  • 著者 戸高 一成
  • 著者 大木 毅
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
296
ISBN:
9784040823348

大日本帝国、陸海軍秘話!大和ミュージアム館長と『独ソ戦』著者が初公開。

大日本帝国、陸海軍秘話。

大和ミュージアム館長と『独ソ戦』著者が初公開!
戦後、将校・下士官兵は何を二人に語り残したのか……。

大日本帝国陸海軍の将校・下士官兵は戦後に何を語り残したのか? 
戦後も陸軍はヤマタノオロチで、海軍は双頭の蛇の組織構造だったこと、
瀬島龍三が情報を握りつぶした話が漏れた経緯に、
松井石根の『陣中日記』改竄を突き止めた舞台裏をはじめ、
陸海軍の秘話が明かされる。
そして、日本軍の文書改竄問題から、証言者なき時代にどう史資料と向き合うかに至るまで、
直に証言を聞いてきた二人が語りつくす!!

■瀬島龍三が情報を握りつぶした話が漏れた経緯
■藤村義一の「誇張」、坂井三郎の「加筆」、朝枝繁春の「ほら」
■大井篤が漏らした「連合艦隊との戦いは終わった」
■『滄海よ眠れ』で暴露された、ミッドウェイで捕虜を茹で殺していた事実
■松井石根の『陣中日記』改竄を突き止めた舞台裏
■大和と武蔵を「使いこなせなかった」ことに問題があった
■歴史に残るメイキング、ババル島虐殺事件 etc.



【目次】
まえがき 

序 章 帝国軍人との出会い 
第一章 作戦系と情報系――陸軍編1
第二章 陸軍はヤマタノオロチ――陸軍編2
第三章 連合艦隊と軍令部――海軍編1
第四章 海軍は双頭の蛇――海軍編2.
第五章 日本軍の文書改竄――史料篇1
終章 公文書、私文書、オーラルヒストリー ――史料編2

あとがき
ブックガイド

もくじ

まえがき
 
序 章 帝国軍人との出会い 
『歴史と人物』/海軍史料調査会/最初の仕事は高松宮への挨拶だった/海軍は吉川英治に大東亜戦史を書かせようとした/一般の人は滅多に来ない場所 etc. 

第一章 作戦系と情報系――陸軍編1
陸軍は一枚岩ではない/軍事官僚が行った証言のメイキング/林三郎は作戦課に恨み 骨髄だった/日本最大の欠点は敗戦の経験がなかったこと/諜報合戦の経験者、浅井勇/情報とは「砂の中から砂金を拾うようなこと」/インパール作戦従軍者で行った座談会/「瀬島龍三の言うことは、俺は信用しない」/なぜ山本五十六にカリスマ性が生じたか etc. 

第二章 陸軍はヤマタノオロチ――陸軍編2
戦争の評価と軍人の評価/藤村義一の「誇張」、坂井三郎の「加筆」、朝枝繁春の「ほら」/暴露し合う陸軍、悪意なく隠す海軍/戦前と接続性があるのは陸自ではなく海自 etc.

第三章 連合艦隊と軍令部――海軍編1
海軍反省会のはじまり/大井篤が漏らした「連合艦隊との戦いは終わった」/「平時の海軍を二〇年経験しないと、まともな海軍士官はできない」/陸海軍は別々の戦史をつくった/出師準備は開戦準備を意味した/錯綜する縁戚関係/ミッドウェイでは捕虜を茹で殺していた/ドイツは真珠湾攻撃にショックを受けた/スイス終戦工作の失敗は功名心にあった/砲術の大専門家が真珠湾攻撃をマズイと思った理由 etc.

第四章 海軍は双頭の蛇――海軍編2
ソロモン航空戦と大和出撃/一つの作戦に目的を二つつける悪癖/史上最大の夜戦の現場/燃え始めた艦橋から降りる/ミズーリ号終戦調印の裏側/台湾海軍設立秘話/澤地久枝、吉村昭の執念はすごかった etc.

第五章 日本軍の文書改竄――史料篇1
後を引いた「甲種」「乙種」「丙種」のネーミング/海軍ダマシとドカレン/大和と武蔵を「使いこなせなかった」ことに問題があった/海軍は戦争開始時の兵力で終戦までがんばる計画だった/松井石根の「陣中日記」改竄をつきとめる/確信犯的に資料を「紛失」した黒島亀人/検閲用と本音用の日記があった/ハワイ・ミッドウェイ図上演習でわかったこと/戦争を知らない世代が戦争を伝える時代/戦闘詳報の改竄/正しい把握からしか正しい結果は生まれない/歴史に残るメイキング――ババル島虐殺事件 etc.

終章 公文書、私文書、オーラルヒストリー ――史料編2
研究史を踏まえないと危ない/日本軍はお役所文化/手堅い入門書を選ぶのは大切/空気を残せるところがオーラルヒストリーの貴重さ etc.

あとがき
ブックガイド

メディアミックス情報

NEWS

「帝国軍人 公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もし「東部戦線が足踏みしている」ことがはっきりと日本側に伝わっていたら、一二月八日の開戦決意は遅れたと思います。一二月八日は、ドイツが崩れた当日のような日ではないですか。/澤地久枝氏の著作読まないとな もし「東部戦線が足踏みしている」ことがはっきりと日本側に伝わっていたら、一二月八日の開戦決意は遅れたと思います。一二月八日は、ドイツが崩れた当日のような日ではないですか。/澤地久枝氏の著作読まないとな …続きを読む
    樋口佳之
    2020年07月17日
    38人がナイス!しています
  • 色々と示唆に富む内容。 しかし、年齢的に戸高氏は兎も角、自分とほぼ同年代の大木氏が、こういう濃密な体験をしていたことが意外であった。 お二人共に、そういう意味では彼ら(元軍人たち)との微妙な距離をとっ 色々と示唆に富む内容。 しかし、年齢的に戸高氏は兎も角、自分とほぼ同年代の大木氏が、こういう濃密な体験をしていたことが意外であった。 お二人共に、そういう意味では彼ら(元軍人たち)との微妙な距離をとっている点が重要である。 近すぎても、遠すぎても説得力を失いかねない。 後は史料の評価や取り扱い、読み込みといった部分の重要性と時代の空気に対する想像力など、趣味も含めて歴史を学ぶ際のポイントは非常に印象に残った。 千早正隆氏の著作は若い頃ずいぶん読んだが、ホントにボロクソに書いている。(笑)(続く) …続きを読む
    蜻蛉切
    2020年07月19日
    31人がナイス!しています
  • 7月の角川新書新刊。史料調査会司書として海軍反省会にも深く関わった戸高一成氏と、中公『歴史と人物』の取材で軍人らと多く交わった大木毅氏の「旧軍人に聞いてきた話、その記憶を対談の形で残」すために企画され 7月の角川新書新刊。史料調査会司書として海軍反省会にも深く関わった戸高一成氏と、中公『歴史と人物』の取材で軍人らと多く交わった大木毅氏の「旧軍人に聞いてきた話、その記憶を対談の形で残」すために企画された本書。戸高さんが中で語っているが、もう「100歳前後のおじいさん」を捕まえて当事者として話を聞くのは無理がある。せめて文献では伝わらない軍人の心情心理を「聞き取りの記録」から伝えたい、との意図である。大変面白い発見の多い本だったが、章扉の度に著者らの決めポーズ写真(それぞれ別カット)を収録したのは何故? …続きを読む
    CTC
    2020年07月17日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品