平安あかしあやかし陰陽師 三 から紅の都と最後の大祓

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040733654

平安あかしあやかし陰陽師 三 から紅の都と最後の大祓

  • 著者 遠藤 遼
  • イラスト 沙月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040733654

安倍晴明の師匠・光栄、三大怨霊に挑む!?

安倍晴明の師匠・光栄、三大怨霊に挑む!?

【京に現れた“在原業平”を名乗る法師陰陽師。三大怨霊に関わる企みに気づいた光栄は――?】

 陰陽師たちが畏れる男・賀茂光栄(かものみつよし)。彼は年齢不詳の美青年で、安倍晴明(あべのせいめい)の師でもある。
 幼なじみの歌人・藤原為頼(ふじわらのためより)や晴明とともに都に平穏を取り戻したものの、次なるあやしき影はすでに“在原業平”を名乗る法師陰陽師としてうごめいていた。
 光栄は、後の世に三大怨霊と呼ばれる“早良親王”へと手を伸ばす“業平”の企みに気づくが、為頼と天皇の妃・中宮も思いがけない事件に巻き込まれていき……?
 晴明の歴史に隠れた師匠・光栄の、語られなかった平安秘伝第3弾、これより開宴――!

もくじ

【目次】
    序
第一章 陰陽師の訪う姫
第二章 子守する為頼
第三章 師走の都に差し込む影
第四章 年越しの祓
    かりそめの結び


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「平安あかしあやかし陰陽師 三 から紅の都と最後の大祓」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 変わらない為頼の人の良さと秀麗な面立ちで女装したり目的の為なら意外と手段を選ばない賀茂光栄とのやりとりも安定の面白さ。中宮の結末は予想外で切なくなった。 変わらない為頼の人の良さと秀麗な面立ちで女装したり目的の為なら意外と手段を選ばない賀茂光栄とのやりとりも安定の面白さ。中宮の結末は予想外で切なくなった。
    あずとも
    2019年10月20日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品