実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実

実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月25日
商品形態:
電子書籍

実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実

  • 著者 秋山 千佳
発売日:
2019年10月25日
商品形態:
電子書籍

聖人(マザーテレサ)にされた母は、ひとりの「人間」でいたかった――。

 聖人(マザーテレサ)にされた母は、「人間」でいたかった。
 圧倒的な善行を施す一人の女性。だが、その原点は一切謎に包まれていた。
 秘してきた情と業に迫り、偶像を求め、作り、弄ぶ時代を撃つ。

●「ただいま」「おかえり」を知らずに育った子
●小学生で覚せい剤を親からうたれた子
●モヤシを盗んで飢えをしのいだ子 etc.

彼らを救ったマザーテレサと呼ばれる人がいる。
本名よりも「ばっちゃん」の通称で知られる女性、中本忠子。
彼女は広島市にあるアパートを拠点に約四〇年にわたり、非行少年をはじめ、
生きづらさを抱える人たちに無償で手料理を提供し、生活の立て直しを支援し続けてきた。
その圧倒的な善行はメディアに取り上げられ、意に反して急速に聖人化される。
ところが、肝心の活動の動機は一切謎のままだった。
本人、親族、そして「家」に集う人々へ取材を重ね、秘してきた情と業に初めて迫る。
それは、偶像を求め、作り、持ち上げては貶める時代の闇を払うことでもあった!

称賛か嘲笑か。二極化する時代、偶像化された者は、その虚像に囚われ続けなければならないのか!?
渾身のルポルタージュ!

【目次】
序 章 「ばっちゃん」と「中本忠子」――二十五秒のスピーチを聞いて
第一章 基町の家――卵焼きを囲んで
第二章 孤独と空腹――立ち直りのために「立て直す」
第三章 「木に登ったが下りられず」――ドーナツの穴を埋め続けて
第四章 平和都市ヒロシマの足下――人々は見捨てられてきた
第五章 母の背中――息子も里親になった
第六章 ルーツ――お嬢様から母に
第七章 遠いところで――祈りは皿に込められた
終 章 家族――よその子であれ、わが子であれ
 あとがき
 主要参考文献

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 終戦を迎えた1945年。それから30年経って地元球団赤ヘルが歓喜の初優勝を遂げた。その数年後、主役である中本忠子さんは、悪さをするのは腹が減っとるからじゃけんと思い少年達に無料で食事を提供することを始 終戦を迎えた1945年。それから30年経って地元球団赤ヘルが歓喜の初優勝を遂げた。その数年後、主役である中本忠子さんは、悪さをするのは腹が減っとるからじゃけんと思い少年達に無料で食事を提供することを始めた。ばっちゃん、人々は彼女をこう呼ぶ。この本を通じて、偉大な取り組みが実際にあることに驚き、その上、扶助の輪が地域に広がっている奇跡を知って、大きな感銘を受けた。作者は、読者を飽きさせないためか活動の原点をしつこく追っていた。だが、作者の努力すら、ひた向きなばっちゃんの前では霧消していたように感じられた。 …続きを読む
    Kei.ma
    2019年11月14日
    9人がナイス!しています
  • 非行やおちこぼれなどは、本人でなくもっと前に問題があるというのは、本当にそうです。だから子供だけでなく、大人にも食べさせるのですね。子供食堂などができてきましたが、なかなか規則を超えてやるのは難しい。 非行やおちこぼれなどは、本人でなくもっと前に問題があるというのは、本当にそうです。だから子供だけでなく、大人にも食べさせるのですね。子供食堂などができてきましたが、なかなか規則を超えてやるのは難しい。 ただひたすら子供を植えさせない、満腹感を味わわせるということに共感しました。この人の過去は過去のままで良いと思う。暴いても今につながるものは出てこない。ばっちゃんはばっちゃんで良いと思いました。子供たちもそう思ったでしょう。 …続きを読む
    peace land
    2020年02月11日
    6人がナイス!しています
  • 保護司として非行少年の更生にあたり、定年後も変わらず手料理を無償で提供し続けている「広島のばっちゃん」こと中本忠子さんの活動の根元に迫るルポになっています。 前半は少年たちの様々な事情、親も含めた更生 保護司として非行少年の更生にあたり、定年後も変わらず手料理を無償で提供し続けている「広島のばっちゃん」こと中本忠子さんの活動の根元に迫るルポになっています。 前半は少年たちの様々な事情、親も含めた更生の様子が紹介されています。後半は中本さんが、何故ここまで深く関われるのか、本人が口を閉ざす中、身内の方へのインタビューなどで活動の動機や偶像化されていく過去とのギャップに迫っていきます。 あとがきの「だれかを守ってあげようとした時に自分自身が強くなる」中本さんのこの言葉に全てが込められています。 …続きを読む
    カタヤマタケシ
    2020年01月24日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品