MMT〈現代貨幣理論〉とは何か 日本を救う反緊縮理論

MMT〈現代貨幣理論〉とは何か 日本を救う反緊縮理論 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

一部誤りがございました

発売日:
2019年12月07日
商品形態:
電子書籍

MMT〈現代貨幣理論〉とは何か 日本を救う反緊縮理論

  • 著者 島倉 原
発売日:
2019年12月07日
商品形態:
電子書籍

国会・日銀・財務省が紛糾! 世界を揺るがす経済理論の実態を徹底解説。

「財務省が今、最も恐れるMMT。本書こそまさしく、その本格的入門書だ!」――藤井聡(京都大学大学院教授・前内閣官房参与)

「貨幣」と「財政」の真実の姿を暴き出し、世界を揺るがせている経済理論・MMT(Modern Monetary Theory)。
2019年8月、待望の邦訳が刊行されたランダル・レイ『MMT現代貨幣理論入門』の監訳者自らが、そのエッセンスを徹底解説。

誤解や憶測が飛び交う中で、果たしてその実態はいかなるものなのか?
根底の貨幣論から具体的な政策ビジョンまで、この本一冊でMMTの全貌が明らかに!

---

【目次】
はじめに

 序章 MMTはなぜ注目されているのか

第一部  MMTの貨幣論
 第一章 貨幣の本質
 第二章 預金のメカニズム
 第三章 主権通貨国における政府の機能

第二部 MMTの政策論
 第四章 MMTの租税政策論
 第五章 機能的財政論
 第六章 就業保証プログラム

第三部 MMTから見た日本経済
 第七章 日本は財政危機なのか
 第八章 日本経済には何が必要なのか
 第九章 民主主義はインフレを制御できるのか

おわりに――MMTをどのように生かすべきか


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「MMT〈現代貨幣理論〉とは何か 日本を救う反緊縮理論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 詳しくない分野の話を専門家から聞くと、ああそういうものなのかと納得してしまうが、でもそれは違うと別の専門家から主流理論の矛盾点を解説されるとああなるほど、そうかもねといとも簡単に手のひらを返してしまう 詳しくない分野の話を専門家から聞くと、ああそういうものなのかと納得してしまうが、でもそれは違うと別の専門家から主流理論の矛盾点を解説されるとああなるほど、そうかもねといとも簡単に手のひらを返してしまう。この本は、主流派からトンデモ理論と嫌悪されているMMT(現代貨幣理論)を丁寧に解説している本で、収入の倍以上の借金がある日本の物価がなぜ長年安定しているのか?以前から疑問に思っていた点をMMT理論で分かり易く解説されるのだが、米国大統領選の民主党候補者B・Sの極端な主張のようにも感じるしなあ。 …続きを読む
    yyrn
    2020年03月12日
    23人がナイス!しています
  • 「税金は政府の財源ではなく、国債は政府の資金調達手段ではない」というMMTの主張は一般的には非常識で、そんな事言ってたら国民は税金納めなくなる、、従ってこの非常識理論が通用するには、租税国家論に代わる 「税金は政府の財源ではなく、国債は政府の資金調達手段ではない」というMMTの主張は一般的には非常識で、そんな事言ってたら国民は税金納めなくなる、、従ってこの非常識理論が通用するには、租税国家論に代わる新しい物語が必要なようです。通貨主権を有する政府は自国通貨建てでの支出に制限はなく、デフォルトリスクはない。そして政府は最後に雇い手として希望する人全員に一定以上の賃金水準で就業する機会を約束する「就業保証プログラム」を提供することができる。これは完全雇用と物価安定という目的に資する。というのがエッセンス。 …続きを読む
    速読おやじ
    2020年01月15日
    11人がナイス!しています
  • 相変わらず主流派からDISられているMMTだけど、本書は様々な視点で経済、金融の説明がなされていて、MMTの方が正しいと思えてくる。特に今のように新型コロナで経済が急下降しつつある時は、MMT的な発想 相変わらず主流派からDISられているMMTだけど、本書は様々な視点で経済、金融の説明がなされていて、MMTの方が正しいと思えてくる。特に今のように新型コロナで経済が急下降しつつある時は、MMT的な発想じゃないと経済の立て直しは不可能だと思えるし、米国での膨大な現金給付策なんてドルを刷りまくるしか実現できないわけで、それってMMTなんじゃないの?と思う。なのに日本の財務省はいまだに財政の均衡みたいなことを理由にけち臭いことを言っているようで、なんとも暗澹とした気持ちになってくる。 …続きを読む
    2020年03月25日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

一部誤りがございました

この著者の商品

最近チェックした商品